バンコク・緑のカオマンガイ「クワンヘン」はやっぱりおいしい!有名店だよ

バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

バンコクにある、カオマンガイの有名店「クワンヘン」。

日本人の間でも有名なお店で「緑のカオマンガイ」と言う別名で親しまれています。

数軒隣には「ピンクのカオマンガイ」もあり、バンコクのカオマンガイ2強として知られています。

今回はちょうどプラトゥーナムに用事があり、ちょうどお昼時だったので、嫁さんと「何食べようか?」と話していました。

プラトゥーナムにあるスーパーリッチで両替

バンコクの「スーパーリッチ」でタイバーツから中国元に両替してきた!

2018-12-25

プラトゥーナムに来たら、やっぱりカオマンガイでしょ!ということで、久しぶりに「クワンヘン」に行くことに決まり!

今回の記事では

「緑のカオマンガイ・クワンヘン」ってどこにあるの?

クワンヘンってどんなお店?

クワンヘンのメニューは?

他店のカオマンガイとどう違うの?

といった内容についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

緑のカオマンガイはプラトゥーナムのど真ん中!伊勢丹からも近いよ

まずは「クワンヘン」の場所、アクセス方法、行き方などをお伝えします。

緑のカオマンガイとして知られる「クワンヘン」は、プラトゥーナムという街にあります。

ここは、衣類の卸売市場「プラトゥーナム市場」があり、アパレルのバイヤーが世界中から集まる街です。近くには日本人女子にも人気の「プラチナム・ファッションモール」があるので、どこかで聞いたことがある人もいるかも知れませんね。

さらに「伊勢丹」「セントラルワールド」などのデパートからは徒歩5〜10分と至近距離にあり、買い物の合間に立ち寄るにも都合の良い立地になります。

高レートで有名な両替店「スーパーリッチ」からも徒歩5分ほど。

タイで一番高いビル「バイヨークタワー」から徒歩8分程度。

なので、この辺りを1日かけて集中的に回るのも良いかも知れません。

最寄駅はエアポートリンクの「ラチャプラロップ駅」またはBTSの「チットロム駅」。それぞれ徒歩10分程度になります。ただしBTSからはちょっと遠いですね。

バンコクに慣れている人なら、センセーブ運河のボート(水上バス)でアクセスするのが一番近いです。

オススメできないのは「タクシー」でのアクセス

一日中渋滞が酷い「ペチャブリー通り」に面している上、途中区間が時間によって一方通行になったり、強制的に左折させられたりとなかなかの曲者。

ただ渋滞で時間はかかりますが、座ってるだけで楽なことは確かなので、それでもいい!という人はタクシーでもいいと思います。(運転手はみんなこのエリアに行きたがらないので、乗車拒否率・メーターを使ってくれない率は高いです。)

バンコクのタクシー

タイのタクシーってどうなの?安全なの?

2017-11-22
バンコクスクンビット通りアソーク交差点

これはひどい!バンコクの渋滞メカニズムと時間帯、渋滞をなるべく避ける方法

2017-11-28

なので効率よく動くために、お土産購入やショッピングの日を作り、その買い物をする前に行くことをオススメします。(店が狭いので、買い物後で荷物がいっぱいだと入れないかも知れません。)

スポンサーリンク

緑のカオマンガイ「クワンヘン」に行こう!

それでは、実際にお店に行ってきた様子を写真付きでお伝えします。

<iframe src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m28!1m12!1m3!1d4143.380316104295!2d100.53946540196999!3d13.748167459465945!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!4m13!3e2!4m5!1s0x30e29ecf9395db39%3A0xd0d1cb943cafefef!2z5LyK5Yui5Li5!3m2!1d13.74767!2d100.5397527!4m5!1s0x30e29ec585a21c11%3A0xdce9d1c87907847e!2s%22KuangHeng%22+Pratunam+Chicken+Rice%2C+930+New+Petchaburi+Rd%2C+Khwaeng+Makkasan%2C+Phaya+Thai%2C+Krung+Thep+Maha+Nakhon+10400!3m2!1d13.749676099999999!2d100.54145489999999!5e0!3m2!1sja!2sth!4v1545723156317" width="600" height="450" frameborder="0" style="border:0" allowfullscreen></iframe>

もしタクシーに乗るのであれば、「プラトゥーナーム・タノン・ペッブリー・ソーイ・サームスィップ(プラトゥーナムの、ペッブリー通り30番路地)」と伝えるのが分かりやすいです。

運転手はお店の名前までは知らないこともあります。

このすぐ近くには「ピンクのカオマンガイ・ガイトーン」や、おいしい麺類のお店も多数あり、いわゆる庶民グルメのエリアです。もともと衣類の卸売街として発展したエリアなので、アジア的な下町の雰囲気も出ていて街歩きも面白いと思います。

カオマンガイってそもそも何?という方はこちらの記事をご覧ください。

バンコクのカオマンガイ

カオマンガイはタイ人のソウルフード!屋台の定番料理にチャレンジ

2017-11-24
パタヤのカオマンガイ店

パタヤのおすすめカオマンガイ店はスープが絶品!

2018-06-04

さて、ここから大きい交差点の方に少し歩くと・・・

バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

お店の前に数組のお客さんが並んでいるのが見えてきます。

ここが今回ご紹介する「緑のカオマンガイ・クワンヘン」です!

ここは私も以前から通っているお店ですが、他の店と比較して「お肉が柔らかくてジューシー」「米がパラパラしてうまい」といったこだわりがポイント。

有名店になっても、変わらず守り続ける姿勢は素敵だなと思います。

バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

この屋台の奥に客席があります。

鶏がぶら下がっていて、緑の看板が出ているのですぐにわかると思います!

お昼時を外れた午後3時すぎなのに、この混み具合はさすがですね。

バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

金ショップを挟んで、1軒先にあるのも実は同じ「クワンヘン」。

以前クチコミサイトに「ニセモノ」と書かれているのを見かけましたが、そんなことはありません。

正真正銘、本物の「クワンヘン」ですし、味もメニューも経営者も一緒です!

こちらの方が空いていることが多く、だいたい並ばずに入店できますので、私はいつもこちらに来ています。

(カオマンガイをオーダーすると、店員さんは並んでいる店の方から持ってきます(笑))

それではメニューを見ていきましょう。

緑のカオマンガイ「クワンヘン」のメニュー

まずは看板メニューのカオマンガイ!

バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

ご飯の上に鶏が載っているシンプルな料理です。

シンガポールなど中華圏では「海南鶏飯」などと呼ばれています。地域によってタレが変わったりして、実は奥の深い飯なのです。

ここでは中国語で「水門鶏肉飯」と書かれています。「水門」とは、プラトゥーナムのこと。タイ語でプラトゥーが「門」、ナムが「水」という意味です。

なので「プラトゥーナム式カオマンガイ」とでもいうところでしょうか。

「札幌ラーメン」「讃岐うどん」のような感じですね。

現に「カオマンガイといえばプラトゥーナム」というイメージは、地元タイ人の中でも出来つつあります。

バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

こちらは揚げ鶏のカオマンガイ「カオマンガイ・トーッ」、

サクッとした食感が美味しい!

バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

「ガポッパー(グラポッ・プラー)」

あんかけスープ。ちょっと甘みのあるスープで、鶏、たけのこなどを煮込んでいます。

バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

サテー!

東南アジア全域で食べられる串焼きで、タイでは豚が「ムーテ(ムーサテ)」、鶏が「ガイテ(ガイサテ)」と呼ばれています。

バンコクのチャイナタウンで食べるサテー

バンコク中華街で食べ歩き!屋台で豚の串焼き「ムーテ(サテー)」を食べよう

2018-10-20
バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

こんな感じで、お兄ちゃんが炭火で焼いてくれます。

こちらもクワンヘンの人気料理。

それでは中に入りましょう!

スポンサーリンク

「クワンヘン」でのオーダー方法は?

食べたいものをメニュー指差しでOKです。

「カオマンガイ」などと言えば伝わります。

混雑時は事前に食べたいものを決めて、オーダーしてから着席するなど、臨機応変に!

「クワンヘン」はジューシーなカオマンガイが魅力的

オーダーしてから5分ほどで運ばれてきたカオマンガイ!

バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

この店のチキンは、とにかく柔らかいのがオススメポイント。

他の店だとパサパサした肉のところもあるのです。カオマンガイオタクの私としては見逃せない重要ポイント。

バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

付属のタレはピリッと辛いので、かける量にはご注意ください。とは言っても、辛すぎるということはないので、日本人でも充分食べられます。

バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

ムーテ(サテー)です。

バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

甘めのカレー味ソースをつけて食べます。

お好みで付属のサラダと一緒に食べましょう。

バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

ガポッパーです。

こちらは「いかにもタイっぽい味」がするので好みが分かれると思いますが、私は好きな味です。

「クワンヘン」は24時間営業!

このお店は「いつ行っても食べられる」という安心感があります。

夜中でも開いているので、以前近くに住んでいた時は仕事帰りや、作業の合間の夜食などによく利用していました。

バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

夜中に行くとたまに水掃除していたりしますが、その間も外で良ければ食べられます。

バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

夜中もお客さんの回転が良いので、使用している鶏はいつも新鮮!

美味しさの秘訣ですね。

注意点としては、古い建物なのでトイレがちょっと。。。入店前にデパートやモールで済ませてくることをオススメします!

まとめ

有名店「緑のカオマンガイ・クワンヘン」は、柔らかくてジューシーな鶏肉が人気の秘訣!

サイドメニューのサテーも香ばしくて美味しいのでオススメです。

それでお値段はリーズナブル。人気店になったのに、今まで支えてきてくれた「地元の庶民」を置き去りにしない姿勢が素晴らしいですね。

タイ庶民のフードに興味があるけど、屋台はちょっと・・・という人にもオススメの食堂です。

バンコクに旅行の際は、ぜひチャレンジしてみてください!

 

合わせて読みたい記事


バンコクの「緑のカオマンガイ」クワンヘン

この記事が役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)