今回の中国・東チベット旅に持っていくもの、現地で買うものをまとめてみた

中国・チベットに持っていく荷物

今年の年末年始は中国・東チベットで過ごすため、約1ヶ月ほど前から色々準備をしてきました。

航空や宿の手配はだいぶ前から済ませていて、嫁さんのビザは取得済み、中国元も両替済み。

荷物もあらかた片付き、夫婦合わせてスーツケース2つとバックパック2つにまとまりそうです。

そこで、忘れ物防止の意味も含めて、私が住んでいるタイ・日本から持っていくもの、現地で調達するものに分けてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイは夏なのにチベットのシーズンはまさに厳冬

年末のタイは乾季とはいえ、日中は連日30℃を越える暑さ。夜は24℃前後ととても過ごしやすい気候になります。

しかし、これから向かう中国四川省、そして東チベットは氷点下まで下がる極寒の地

私が住んでいるタイ・バンコクとの気温差はなんと50℃にもなります。なので、私は念入りに「防寒具」系をチェックしましたが、常夏のタイで手に入れるのはなかなか難しい・・。

MBKやプラチナムなどショッピングモールに行けば、売っていることは売っていますが、品質があまり良くないんですね。

タイで売られているものは、冬服とは言っても15〜20℃前後の気温を想定して作られたものが多いので、それでは全く役に立ちません。
また、外国人向けの防寒具は、現地で調達するよりもかなり高額!日本ならユニクロやドンキで3000円程度の服が、タイでは5000円以上で売られているのです。

そんな理由で、防寒のアウターに関しては必要に応じて、現地で買い足そうと考えています。

また最近日本に一時帰国する機会があったため、地元横浜のドンキホーテで色々調達してきました!

以下が私の荷物リストになります。

スポンサーリンク

持って行くもの

1.衣類

ダウンコート(私)

中国・チベットに持っていく荷物

私が日本で着ていたダウンコート。10年ほど前にコムサで買い、その後日本を離れた際一緒にタイに持ち込んだものです。防水ではないので、もし雨や雪が降ったら現地で1着調達する予定。

防寒着(嫁)

中国・チベットに持っていく荷物

2年前の冬に雲南省の麗江に行った時、中国昆明で調達した防寒ジャケット。中国ブランドで約200元(約3500円)という激安なのに、防水、防雪加工がしっかりしていて、30分ほど雨に打たれても浸みて来ない優れもの。

インナー上下(2名分)

中国・チベットに持っていく荷物

一時帰国の時にドンキで購入。裏起毛になっているので、これで重ね着1着分を節約できる。なるべく荷物を減らしたいので重宝します。

手袋(2名分)

中国・チベットに持っていく荷物

こちらも2年前の冬、昆明で調達したもの。10元(約160円)の激安品でも十分温かい。

靴下や下着(2名分)

5泊分くらいを適当に詰めた。3泊目の康定、7泊目の甘孜で洗濯しながら使う予定。

その他服(2名分)

中国・チベットに持っていく荷物

これも適当に詰めた。私の場合、衣類はだいたい日本で調達してタイに持ち込んでいるので、冬物も豊富にある。移動の車内でも着れるようにセーターやパーカーなども。

このように、防寒具はタイや日本で買って来なくても、現地調達する方が安くて使えるものもたくさんあります。

スポンサーリンク

2.デジ系

カメラ

CANON EOS9000D(一眼レフAPS-C機)
旅カメラの選び方

スナップはこれで撮影します。

CANON EOS1-DX(一眼レフフルサイズ機)
旅カメラの選び方

チベット寺院などで「これだ!」と感じた時はこれで撮影します。また嫁さんからのリクエストもあるので・・。

レンズ

TAMRON (タムロン) 18-400mm F3.5-6.3 DiII VC HLD
旅カメラの選び方

広角から望遠までこれ1本で撮れる万能レンズです。APS-C専用。

基本的に9000Dではこれを付けっぱなしにします。これがあればレンズ交換の手間がないのでシャッターチャンスを逃しません。

その分望遠側にすると若干画質が落ちるのですが、200mm程度までしか使いませんし、スナップ用なら特に気になりません。

SIGMA(シグマ) 10-20mm F3.5 EX DC HSM

10-20mmという超広角で撮れるレンズです。APS-C専用。

9000Dに取り付け、狭い室内とか、雄大な景色に出会った時にこれで撮ります。

CANON(キヤノン) EF50mm F1.2L USM
旅カメラの選び方

標準レンズです。今回は1DXに付けっぱなしにして、ここぞという時に使います。また嫁さんのポートレートを撮る時に使います。(なるほど、だから嫁は「せっかく買ったんだし、チベットに持って行こうよ!」って言ったんだな・・。タイ人は写真大好きです。)

モバイルバッテリー

日本に一時帰国

一時帰国時にドンキで購入。重いのは嫌なので、6400mの小型をチョイス。液晶付きで残量などがわかりやすいのが気に入りました。

もしこれがないと、今回の旅では移動時間が長いので、iPhoneのバッテリーが無くなったら到着後に地図が見れずに大問題です。

また、寒いところではiPhoneのバッテリーの減りが早いので必需品です。

ライトニングケーブルとUSB電源など

2人分なので、iPhoneの充電ケーブルを2セット用意。またカメラの充電器も1セットずつ。

香港ローミングSIMカード2

8日間有効のSIMです。中国国内でもLINEやフェイスブックが使える便利なSIM。

iPhone

Apple Storeで購入したので、SIMフリー版

簡単なスナップ撮影にも使用します。

電源タップ

タイで購入した220V仕様の電源タップ。約300円です。もしホテルでコンセントが枕元になかった場合に使用します。

一方日本で売っている100V仕様(125Vー15A)電源タップ(延長コード)は海外でも使うことができますが、万が一何かあった時(ショートや火災など)は責任を追及されるリスクがあるので、私は海外で購入した240V仕様のコードを使うようにしています

PCと充電器

外出用にはMacBook Proを使っています。写真を加工したり、ブログを書いたりするのに必需品。ただ15インチなので重い・・。

3.その他

嫁さんの化粧道具や、汗拭き用のウェットティッシュなどの用品。基本は日本で買ってタイにキープしてあります。

「使い捨てカイロ」は日本で大量に購入。日本の方が価格も安いし、熱を出すものなので品質も安心です。

中国・チベットに持っていく荷物

いつでも熱いお茶が飲めるように「お茶の水筒」。これは前回中国で購入。

「折り畳み傘」は日本で購入。小さいのでバックパック横のポケットに常に差し込んでおきます。

中国・チベットに持っていく荷物

などなど。

現地で調達するもの

衣類など

中国はなんでも手に入ります!カルフールなどの大型スーパーに行けば、防寒具から小物まで格安で揃うので、必要に応じて途中経由地の昆明・成都で調達する予定。

防寒が足りなそうならば、マフラーやネックウォーマーなども買い足します。

また、移動中やホテル内で履くサンダルも買おうと思います。

調味料

四川花椒の味が好きなので、飲食店で「しびれ」が足りないと感じたら自分で足します。

お茶

中国では、いつでもどこでもお茶を飲みます。列車内や駅、バスターミナルには必ず給湯器があり、みんなそこでお茶を淹れて飲む習慣があります。

ーーー

日本のブランド品の方が品質が良いのは間違いありませんが、あまりこだわりがなければ中国で買うのもおすすめ。昆明や成都には大型スーパーがたくさんあるので、そこが一番安く買えます。また値札付きなので言葉の問題もクリアできる!

ちなみにカルフールは日本発行のVISAカードも使えます。

まとめ

予算が潤沢にあるならば、そこまで深く考えなくてもよい持ち物の話し。

しかし私の場合は、不要な出費は抑えて、その分美味しいものを食べる!そこそこ快適なホテルに泊まる!というスタンスなので、同じような機能・品質のものはなるべく安く済ませたいのです。

なので、タイ・日本・中国の物価差を上手に捉えて、少しでも賢く揃えられるようにまとめてみました。

また中国で買うならば大型スーパーで揃えるのが一番安いし、言葉の問題もクリアできるので楽です。

似たような志向の方がいれば、お役に立てれば幸いです。

昆明での現地調達は「カルフール」が便利!

昆明のカルフールで旅のグッズを現地調達

昆明の大型スーパー「カルフール」で旅のグッズを現地調達!VISAカードも使える

2019-01-07

 

合わせて読みたい記事


中国・チベットに持っていく荷物

この記事が役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

タイの魅力にすっかりハマり、気づいた時にはもうバンコクに移住してしまいました。
そして友人の紹介で、タイ人女性と結婚。
趣味はドライブ、食べ歩き、旅行、カメラ
現地・バンコクより、タイ旅行や移住のお役立ち情報を発信中!