バンコクにもあるよ!小籠包がおすすめ「鼎泰豊(ディンタイフォン)」全店舗まとめ

バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

こんにちは!Asia-Jin(あじあ人)です。

日本でも有名な台湾小籠包のレストラン「鼎泰豊(ディンタイフォン)」。

バンコクにも支店がいくつかあり、タイ料理に飽きてしまった時や、ちょっと点心を食べたい時などにおすすめです!

今回は、バンコクのトンローにある鼎泰豊に行って、いろいろな料理を試してみました。

では、トンロー店にさっそく入店しましょう!

記事の一番下に、バンコクにある鼎泰豊全店の地図と電話番号を掲載しました。

現在地やスケジュールに合わせて店をチョイスしてくださいね。

スポンサーリンク

「鼎泰豊」バンコク・トンロー店で小籠包!

今回は新しくできたトンロー店に入りました。

入り口でお姉さんに人数を聞かれます。

もちろん英語がばっちり通じます。

バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

看板には漢字のほか、英語と日本語のカタカナまで書かれています。

それだけ日本人の利用客が多いということでしょう。

席に案内してもらいましょう。

バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

ガラス越しに厨房の中が見えます。

シェフが一生懸命に小籠包を作っているのがわかります。

作業風景を公開するということは、自信の表れでしょう。

そんな自信作の小籠包!楽しみですね!

バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

そのお隣では、どんどん蒸しています。

ちょうどお昼時なので、テーブルは8割がた埋まっていました。

というわけで注文が殺到しているのか、休む間もなく作業していました。

バンコクの「鼎泰豊」メニューは?

さっそくオーダーしていきましょう!

バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包 バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

鼎泰豊は小籠包が有名な店というだけあり、いろいろな種類の小籠包があります。

蟹肉の小籠包や、エビ小籠包も気になりましたが、やはり最初はオーソドックスに普通の小籠包からいきましょうか!

8個入り220B(約720円)、4個入り120B。

バンコクの一般的な中華料理店で食べる小籠包の価格は、8個80〜100B程度なので、約2倍から3倍のお値段。

やはりここは高級店ですね!

バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

見つけました!担々麺。

他にも気になる麺類がいくつかありましたが、今回は初めに目についた担々麺で。

165B。そこそこリーズナブルです。

バンコクの日本式ラーメンだと一杯200B超えは当たり前なので、高級店でこのお値段ならお得に感じます。

バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

シウマイです!

シュウマイなのか、シウマイなのか、呼び方に悩みます・・。

とても気になるエビシウマイですが、同行の友人は「豚肉ともち米のシウマイ」が気になる模様。

なので、今回はこちらをチョイス。

バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

エビチャーハン!

見るからに美味しそうなので、迷わずオーダー!

280B(約1000円)

あとは春巻きや豆苗炒めなどをオーダー。

スポンサーリンク

バンコクの「鼎泰豊」のお味は?

ちなみにですが、日本にある鼎泰豊とメニューを比較すると、バンコクの方が種類が少なめですね。

そして金額はバンコク店の方が安いのでは?と思います。

日本の外食チェーン店(大戸屋やココイチなど)の場合ですが、高級ブランド戦略のため、バンコクでの金額は日本よりもたいてい割高になるので、鼎泰豊はなんとなくですがお得に感じますね!(←私だけ?)

さて、しばらく待っていると春巻きの登場です!

バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

揚げたてでサクサクしています。

「・・・熱い!!」

唇をやけどしないように注意!

中身は、日本人が想像するような春巻きとだいたい同じです。

味がしっかり付いていて、何もつけなくても美味しい!

さすがです。

バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

待ちに待った小籠包の到着です!

下にはシルクのような生地が敷かれていて、皮がくっついて破けちゃうのを防いでくれています。

さて、さっそく一つをレンゲに取り・・・。

バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

箸で穴を開けてからいただきましょう。

「・・・・・・」

「・・・・・」

「・・肉汁の旨味がしっかりしている!」

スープに染み出す肉の旨味。

何もつけずに食べても美味しいです!

次回来る時は、蟹肉小籠包を食べてみようかな・・。

バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

チャーハンの登場です!

食べてみると、タイ式チャーハンとはやはり違う感じですね。

薄い塩味と、卵の味がうまくミックスされていて、食べやすい!

エビの食感もいい感じです。

バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

担々麺の登場です!

ごま系のいい香りが漂ってきます。

それではいただきましょう。

「・・・・・・・・」

「・・・・・・」

「・・・麺のコシがある!そして程よいごまの苦味と香り・・。」

中国の大陸式担々麺と違って、こちらは「ごま系」の担々麺ですね!

日本人にはこちらの方が馴染みがあるので、食べやすいのではないでしょうか。

ちなみに大陸式(四川式)の担々麺は「花椒」をふんだんに入れたクリアで赤いスープが多い気がします。舌がビリっとしびれるあれですね!

私はどちらの味付けも好きなんですが・・。

バンコクの本格四川料理ならこのお店!↓↓

バンコク・ナラティワートにある本格四川料理「川味坊」

バンコクの本格四川料理なら、ナラティワート24の「川味坊」がおすすめ!

2018-07-05
バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

豆苗炒めがきました!

これが好きなんです。

シャキシャキした歯ごたえと、青臭さがたまりません。

薄口の塩加減と、ニンニクのいい香りがマッチしています。

タイ式中華の店で炒め物を頼んだ場合、オイスターソースを多用する店が結構ありますが、そうされると飽きちゃうんです。

あれもこれもオイスターソース味になっちゃうんですよね。

でも、この鼎泰豊はさすが。塩加減も比較的薄めで、素材の味をちゃんと残してくれているんです。

なので食べやすい。

スポンサーリンク

バンコクの「鼎泰豊」シウマイの味は・・・?

この時点で、お腹の容量は約7割。

まだまだいけます!

バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

ここで「豚肉ともち米のシウマイ」が到着です!

さて、黒酢とラー油をつけていただきましょう。

「・・・・・・」

「・・・・」

「・・ん?」

想像していたのと違います・・。

これはこれで美味しいんですが、日本人が想像するシウマイとは違うんです。

なんか、こう、モソモソするというか。

もち米が入っているので食感が・・・。

素直に「エビシウマイ」にしておけばよかった〜!と言っても後の祭り。

頑張って食べます。(←ちゃんと残さず完食しましたよ!)

シウマイだと思わなければ・・味自体はOKなんですよ。

ただ、食感がなんというか・・。

バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

餃子がきました!

焼き加減も、皮がカリッとしていて私が好きな具合です。

ではいただきます!

「・・・・・・」

「・・・・」

「・・肉汁がうまい!!」

想像通り、外はカリッと焼きあがっていて、中はひき肉の食感があり、さらに肉汁がたっぷりです!

旨味がギュッと封印されていて、かなり上出来の餃子ですね!

これはうまい・・。

まとめ

さすがは鼎泰豊といったところでしょうか。

タイ料理や辛い料理が苦手な旅行者や、毎日タイ料理ばっかりで飽きちゃった滞在者などにおすすめ!

また各支店の場所的にも便利で使いやすいと思います。

例えば都心部のセントラルエンバシー店ならお買い物の途中、バンナー店ならタイカントリーなどのゴルフ帰りにも立ち寄ることができて重宝しますね!

味付けはまさに日本人好み。

たまには気分転換にバンコクの「鼎泰豊」で食事するのはいかがでしょうか?

高級中華点心のホテルブッフェならこちら↓↓

スイスホテルの点心ブッフェ

スイスホテル・バンコクの中華点心「龍鳳樓(Loong Foong)」はディナーブッフェが半額!?

2018-07-08

アソーク近辺でイタリアンランチならここ↓↓

アソークの本気イタリアン「UNICO23」

アソークのおすすめイタリアン「UNICO23」はランチコースもある人気店!

2018-07-07

アソーク近辺で韓国料理・焼肉ならここ↓↓

スクンビットの韓国式焼肉「薔園(ジャンウォン)」

スクンビット・アソークで韓国料理・焼肉なら「薔園(ジャンウォン)」がおすすめ!

2018-07-17

バンコクの「鼎泰豊」への行き方・アクセス・場所

トンロー店への行き方・アクセス

鼎泰豊トンロー店は、「8(エイト)トンロー」と言うショッピングモールのG階(地上階・日本でいう1階)に入っています。

最寄駅はBTSスクンビット線のトンロー駅。

駅から8トンローまでは約1キロ離れており、徒歩でアクセスする場合は約15分程度かかります。

このため、駅を降りたら「トンローバス」やタクシー、バイクタクシーなどを利用するのがおすすめです。

「トンローバス」は、トンロー通り沿いなら、どこで乗っても降りても一律定額7B(約25円)で運んでくれる便利なバスです。小型のバスで全身赤い車体なのですぐに分かると思います。

タクシー利用の場合、メーター使用で約40B(140円)程度。渋滞していない限りは、乗車したら1〜2分ですぐに到着します。

8トンローに到着したら、正面の入り口から入った場合すぐ右側にあります。看板は漢字と日本語で書かれています。

それ以外の支店へのアクセス地図も下に載せておきましたので、自分のいる場所とスケジュールを照らし合わせて参考にしてください。

セントラルワールド店への行き方・アクセス

BTSチットロム駅から徒歩7〜8分程度。

セントラルワールド内7階にあります。

電話番号 +66 2646 1282

セントラルエンバシー店への行き方・アクセス

BTSスクンビット線プルンチット駅前にある、セントラルエンバシー(デパート)内にあります。

電話番号 +66 2160 5918

バンナー店への行き方・アクセス

BTSスクンビット線のウドムスック駅からセントラルバンナー行きの送迎バスで約10分程度。

タクシー利用なら約10分、メーター使用で70B程度です。

セントラルバンナー(デパート)の2階にあります。

電話番号 +66 2059 9625

ラップラオ店への行き方・アクセス

地下鉄MRTのパホンヨーティン駅から徒歩5分程度のセントラルラップラオ内にあります。

ウィークエンドマーケットのチャトゥチャックモールからも比較的近いので(歩いたら20分以上かかりますので注意)、お買い物の前にここで腹ごしらえするのも良いでしょう。

電話番号 +66 2541 1622

それぞれの営業時間や細かい場所などは、直接電話にて確認してください。

店舗情報

「鼎泰豊(ディンタイフォン)」8(エイト)トンロー店

住所 88/1 Soi Sukhumvit 55, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Bangkok 10110

電話番号 02 391 9765

日本から +66 2 391 9765

営業時間

11:00〜22:00

年中無休

 

合わせて読みたい記事


バンコクの鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包

この記事が役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)