成都のパンダ基地に行くなら、熊猫大道駅で買える「送迎付き入場券」が便利で割引あり!

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

中国・四川省と言えばパンダ!

四川省の中心都市である成都には、パンダを身近に観察できる動物園「成都大熊猫繁育研究基地(略してパンダ基地)」があります。

このパンダ基地は成都の中心地からそこまで遠くないため、わざわざツアーに申し込まなくても、地下鉄を使って、自力で簡単に行くことができます。

そして、地下鉄を降りてからパンダ基地までは4キロほど離れているのですが、正門までのバスと入場券がセットになっているチケットが販売されているのはご存知ですか?

正規料金よりもわずかですが安く購入できる上、送迎つきという便利でお得なチケット。

今回の記事では、地下鉄で最寄り駅までの行き方、お得なチケットの購入方法や利用方法、パンダ基地から市街地まで帰る方法、そしてパンダ基地とはどんなところなのかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

成都パンダ基地までの行き方・アクセス・場所

まずはGoogleマップを見てみましょう。

中国ではGoogleの対応エリア外になるので、Googleマップが長いこと更新されておらず、GPSも迷い気味になります。なので中国の無料地図アプリ「百度地図」のダウンロードをオススメします。

パンダ基地は、成都の中心地から約15キロほど北の郊外に位置します。

最寄り駅は地下鉄3号線の「熊猫大道」駅。最大の繁華街「春熙路」や、バスターミナルがある「新南門」から乗り換えなしでアクセスできます。

所要時間は約20分程度。

運賃は、例えば「新南門駅」からの場合、1名4元(約70円)と格安で移動でき、降りてからの案内も分りやすいので、地下鉄の利用がおすすめです。

この「熊猫大道」駅で下車した後は、パンダ基地までの公共バスで行くか、タクシーで行くか、送迎バスで行くかの選択肢があります。

その中でも、今回の記事では「送迎バス付き入場券」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

まずは熊猫大道駅を目指せ!

パンダ基地の最寄り駅は、地下鉄3号線の「熊猫大道」駅。

私たちは「文殊院」駅近くのホテルに宿泊していたため、まずは1号線に乗り「火車北駅(火车北站)」を目指します。

この「火车北站」は、中国各地へ向かう長距離列車が発車する「成都站」と接続されている駅なので、中国を列車で旅をする人は必ずお世話になる駅になります。

中国の寝台列車で成都まで19時間

寝台列車で昆明から成都へ19時間!私が鉄道旅行をやめられない理由

2019-01-11

さて、この「火车北站」駅は、Googleマップには載っていない新しい地下鉄路線の7号線が開通していて、お隣の「驷马桥」駅で3号線に乗り換えることができるのです。

乗り換えの案内表示も多く、行き先は漢字表記で、路線別に色で分けられているためとても分りやすい!

無事に「熊猫大道」駅に到着できました。

成都の地下鉄についてはこちらの記事もご覧ください

成都駅から新南門バスターミナルを地下鉄で移動

成都駅から新南門バスターミナルへは地下鉄が分かりやすく便利!たったの70円で行けるよ

2019-01-13
成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

「パンダ」を中国語で書くと「熊猫」になります。

確かに「猫」みたいな「熊」。見事に言い得ていますね!

それでは、その熊猫大道駅から地上に出てみましょう。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

案内標識を見ると、そこには可愛らしいパンダの絵入りで「成都大熊猫繁育研究基地」と書かれていて、ご丁寧に茶色で色分けされています。

これなら、初めて中国に来た人でも間違えようがありませんね!

階段の手前にはトイレがあるので、念のため済ませておきましょう。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

標識に従い「A」出口から地上に出ます。

すると、そこにはパンダの帽子や耳飾などを持った売り子さんがたくさんいます。

なるほど、早速前を歩いていた子供が「パパ〜欲しいよぉ〜買ってよぉ〜」みたいにおねだりしているところを見ると、結構よく売れるのでしょうか。

ふと隣を見ると、パンダ帽をかぶった女性が立っていました。・・・よく見たらうちの嫁さんでした(笑)

前の日、寛窄巷子で買った帽子ですが、とても気に入ったようで地下鉄の中からずっとかぶっていたようです。

古き良き中国の風情を感じる寛窄巷子

成都「寛窄巷子」は街歩きが楽しい!中国の古い街並みが残る人気スポット

2019-03-11

スポンサーリンク

パンダ基地送迎バスつき入場券の買い方

地下鉄駅のA出口から地上に出ると、目の前にこのようなアンテナショップがあります。

こちらでパンダ基地の「入場券」を購入すると、送迎付きになる上、基地の窓口で購入するよりも安くなるわけです。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

また、店内はカフェになっているので、ちょっとお茶をしたり軽食を取ったりする他、パンダグッズの購入も可能です。

それではチケットの説明をします。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

地下鉄駅前のショップで購入する、片道送迎つき入場券は1名52元

一方、パンダ基地の窓口で購入する正規料金は55元。+バス代が片道2元かかります。

なので、わずか5元(約80円)程度ですが、チケットは地下鉄駅前のショップで購入した方が安くて便利なのです!

下の写真は、正規料金。(子供料金はどちらで買っても変わらないようです)

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

バスの運行時間は7:50〜16:00まで。所要時間は10分。

満席になったら出発するスタイルですが、運行間隔はおおむね20分に1本程度だそうです。実際に利用しましたが、先頭で乗車してから満席になるまでの時間は15分程度でした。

購入方法は非常に簡単!

カウンターで人数を言うだけでOKです。簡単な英語なら通じますし、相手はこちらの目的が分かっているので、ジェスチャーでも問題ないと思います。

私は、あまり得意ではない英語で色々考えた末「Panda base ticket 2person with bus(正確かどうかは微妙ですが)」と言おうと思っていたのに、直前で頭が真っ白になってしまいまして・・。

その時とっさに出た言葉は・・

「2パンダ!!」

これだと「2匹のパンダ」になってしまいますね。

後で気づきましたが、そもそもここはパンダ基地のチケットを売っている場所なので、いちいち長ったらしい英語を言う必要は無かったんですよね。

なので、あれこれ考えずにジェスチャーで充分だと思います。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

中国人はアプリを使って、支払いからチケットの表示までスマホ内で完結していました!

しかし、私たち外国人は使えないため、現金での支払いになります。

数分待つと、このようなレシートを印刷してくれて、これが送迎バスの乗車券および入場券となります。

白黒のパンダバスがやたら可愛い

チケットを購入したら、送迎バスに乗車しましょう。

チケットショップを出ると、黄色い看板が出ています。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

漢字表記のため、なんとなく意味が分かるのでありがたいですね。

矢印の方向を見ると・・・

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

パンダバス!!

車体は白黒に塗られ、正面はパンダの顔!

この他にも何種類かバスが停まっていましたが、それぞれ運行会社が違うのでご注意。

もし分からない時は、係員にチケットを見せれば教えてくれます。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

車内も見事にパンダで統一されていて、やたら可愛い・・・。

あれ、中国ってこんなキャラだったっけ・・?

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

カーテンにまでパンダが描かれている芸の細かさ・・。

定員は28名〜30名くらいで、満員になったら出発します。

車内はもちろん禁煙。飲食も禁止されているのでご注意!

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

それでは出発!

成都パンダ基地から市街地へ帰る方法

パンダ基地の様子をお伝えする前に、帰りの足はどうしたらいいかを先にお伝えしたいと思います。

まずはタクシー。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

パンダ基地の正門付近に客待ちのタクシーがたくさん並んでいます。

地下鉄駅から離れた場所に行く人や、人数が多い場合、子供やお年寄りが一緒の場合はタクシーが便利です。

市街地までの料金は50〜60元(約800〜1000円)程度なので、日本と比較したらだいぶ格安です。

また、成都市内の主要部へは、直通バスが出ていて便利です。名所の「寛窄巷子」「錦里」、繁華街の「春熙路」に行くなら、シートに座ったままアクセスできるので、地下鉄利用よりも楽!

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

料金も5元〜(約80円)と、タクシーと比べてもかなりリーズナブル!

しかもバス+地下鉄よりも安いし、乗ったままで楽に到着できるのでおすすめです!

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

実際に私は、パンダ基地の散策を終えた後、錦里までバスで帰りました。

成都・錦里は古い街並みが再現されたスポット

成都の観光スポット「锦里(錦里)」は古い街並みが再現されたテーマパーク【夜がおすすめ】

2019-03-12
古き良き中国の風情を感じる寛窄巷子

成都「寛窄巷子」は街歩きが楽しい!中国の古い街並みが残る人気スポット

2019-03-11
成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

窓口で料金を支払うと・・・

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

係員から「このスマホ画面の写真を撮って!」と言われまして。

このQRコードが乗車券となります!

画面には、乗車人数や区間、バスの車両番号(ナンバー)などが書かれています。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

書かれている通りのナンバーのバスを見つけて、乗り込みます。

係員にスマホのQRコードをスキャンしてもらえば受付完了!ハイテクです。

バスは概ね30分に1本の割合で走っています。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

ごく普通の観光バス。

座席はリクライニングできるし、市バスや地下鉄より全然快適です!こちらは満席にならなくても、時間が来れば発車します。

錦里までの所要時間は約40分〜1時間。

これがたったの5元なのですから、安すぎますね・・。(私が住むタイ・バンコクよりも安い・・。)

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

参考までに、料金表を載せておきます。随時値上がりしているようなので、最新情報は現地で確認をお願いします!

パンダ基地に行こう!

それではみなさんお待ちかね。

成都のパンダ基地とは、一体どんなところなのかをお伝えしたいと思います。

こちらが入場口。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

チケットを改札機で読み取るとゲートが開きます。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

当然ですが、基地内は禁煙

しかし、現地の中国人たちは、トイレの個室内や裏などで、要領よく吸っていました。近くに警備員がいても注意されていなかったので、おそらく場所によっては黙認されているのではと思いますが、そこは自己責任で!

他には、「ペットの同伴は禁止な!」とか「危険物はダメよ〜!」「ドローンは飛ばさんといてね!」、そして「スケボーや自転車の乗り入れはやめてくれよ〜!」と書かれています。

一般の日本人観光客なら、この辺りは問題ないかと思います。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

基地内は結構広いので、体力や足腰に自信がない方は、カート利用が便利です。

1回10元(約170円)かかります。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

私たちは歩いて回りましたが、全部回るのにかかった時間は約2時間。

途中坂や砂利道もあるので、スニーカーで訪れる方が良いと思います。

ちなみに、パンダは食後しばらくすると寝てしまう習慣があるらしく、午前中に訪れた方がより活発な姿を見られるとのことでした。(私たちは午後から行きましたが、それでも十分満足できました。)

営業時間は7:30〜18:00まで。(時期により多少変動あり)

パンダ基地は中国成都の癒されスポット

パンダ基地には、お目当のジャイアントパンダ、子パンダ、レッサーパンダ、鳥類などが生息していて、自由に見学して回ることができます。

それでは基地内の様子をごらんください。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

まずはコイツがお出迎え。

残念ながら、私にはその美しい羽を見せてくれませんでした。まだまだ修行が足らんのかな?

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

周りは竹藪のようになっていて、四川省の山奥を再現したようになっています。

入り口から近いブースに行くと・・・

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

ん・・?

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

おっ!

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

タヌキ!?猫!?

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

いえ、レッサーパンダです!

笹を食べている!

プリッとしたお尻と尻尾がチャームポイント。連れて帰りたい・・。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

あっ!

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

いました!

のそのそと気だるそうに歩いています。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

やはりパンダには笹との組み合わせがよく似合います。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

竹で作られたおもちゃで遊ぶパンダ。

とぼけた顔しやがって!かわいい。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

また食べています。

横から見ると、かなりの猫背ですね。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

あっ!

・・・これはうちの怖い嫁さん。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

パンダ親子。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

こちらは寝そべっています。

なんともだらしのない姿。。。見ているだけで癒されます。

成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

パンダ基地は「檻」がありません。

基本ほとんどが高低差のついた柵で区切られたところにいて、檻がなくても逃げられないようになっています。

なので、他の動物園と比べて写真も撮りやすいです!

今回は「CANON EOS 9000D」 という一眼レフカメラで、TAMRON (タムロン) 18-400mm F3.5-6.3 DiII VC HLD」という、広角も望遠も両方撮れるレンズを使用。

このような写真を撮れるので、パンダ基地を訪れる際は、ぜひ望遠も使えるカメラを持って行くことをおすすめします!

旅カメラの選び方

海外旅行に持っていくカメラの選び方と、撮れる写真の違い!私はこうやって使い分けます

2018-12-23

まとめ

成都・パンダ基地に行くなら、行きは「地下鉄+送迎バスつきチケット」、帰りは「直通バス」が便利でお得です。

午前中にパンダを鑑賞して、午後からは古い街並みの人気スポット「寛窄巷子」、夕方なら風情ありの「錦里」、夜は繁華街の「春熙路」に流れるというコースがおすすめ!

パンダ基地を訪れる方の参考になれば幸いです。

成都の面白スポット「チベット人街」の町歩きはいかがですか?

成都チベット人街

成都のチベット人街を散策しよう!錦里から徒歩5分で異文化体験

2019-03-15

成都最大級の中国寺院「文殊院」に行ってみよう!

成都観光スポット文殊院に行こう

成都の観光スポット「文殊院」は清代に建てられた歴史ある寺院、散策が楽しい!

2019-03-01

地元民に人気の成都担々麺はこの店!

成都担々麺の名店「协茂森老钟家」

成都担々麺のおすすめ店「协茂森老钟家」は地元の若者に人気の名店【本場】

2019-03-02

成都といえば麻婆豆腐!

陳麻婆豆腐・成都本店で食事

成都に行ったら「陳麻婆豆腐」本店にも行くべきだ!辛い!でも旨い!

2019-01-16

合わせて読みたい記事


成都パンダ基地に行くにはパンダバスを利用

この記事が役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

タイの魅力にすっかりハマり、気づいた時にはもうバンコクに移住してしまいました。
そして友人の紹介で、タイ人女性と結婚。
趣味はドライブ、食べ歩き、旅行、カメラ
現地・バンコクより、タイ旅行や移住のお役立ち情報を発信中!