メーサロンで一番レトロでかっこいいカフェ「シン・シュー・ダイ・ベーカリー」

メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」

メーサロンの町は、タイにある他の町とは違い中華風の建物が数多くあり、町歩きが楽しい!

町の中心部セブンイレブンから3分ほど西に歩くと、左側に古い木造の建物が見えます。

今回は、その古い木造がレトロでかっこいい(かわいい)喫茶店「シン・シュー・ダイ・ベーカリー」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

メーサロンのレトロカフェ「シン・シュー・ダイ」に行こう!

セブン前から西側にてくてく歩いて行くと、メイン通りの左側にポツンと現れるかっこいい木造の建物。

ゆるい坂の途中にあるため、道路からは一段低い位置にありまして、そこから覗くとどうやら喫茶店のようです。入り口に「COFFEE」の文字が書かれた、コーヒーカップのオブジェが置いてありますね。

メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」

店の前にぶら下がる赤い提灯が、レトロ感をさらに増していますね。

私はこういった雰囲気の店が好きなので、早速入店してみましょう!

メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」

店の入り口には、テラス席が1卓用意されていて、雰囲気抜群です。

よし、この席に決めた!

メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」

内側からみるとこんな感じ。

メイン通りに接していますが、もともと交通量は少ない上バイクがほとんどなので、、ホコリや騒音はそこまで気になりませんでした。

他の席はどうなっているのか、順に見ていきましょう!

スポンサーリンク

メーサロンのレトロカフェ「シン・シュー・ダイ」の内装

レトロな雰囲気は外観だけでは無く、内装もしっかりレトロかっこいい!

今流行りの「レトロ風」では無くて、本当に昔のまま大切に使っているんですね。

メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」

この扉の奥がベーカリーの工房になっていて、毎日パンを焼いています。

竹でできた扉や壁がとても良い雰囲気。

メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」

店内客席です。

テーブルは「木」!

エアコンなんてもちろんありませんが、とても涼しい。

メーサロンは日中でも気温が25°C前後のことが多いので、エアコンなしでも充分快適です。

それでは、さっそくコーヒーを注文しましょう!

メーサロン「シン・シュー・ダイ」のメニュー

カフェなので、コーヒーやお茶などは一通り揃っています。

メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」

メニューはタイ語と英語が併記されていて安心ですね。

メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」 メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」

フルーツシェイク各種。

40B(約140円)とリーズナブルですね!

メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」

お茶のメニューです。

カップとポットの2サイズから選べます。

メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」

こちらはフードメニューです。

タイ料理、中華など結構な種類があります。

今回はカフェ利用だけだったので、残念ながらフードは試していません・・。

私は「アイスラテ」をオーダー。

店主は英語が通じます。分からなかったら、指差しながらメニュー左に振ってある番号を伝えればOKです!

スポンサーリンク

メーサロン「シン・シュー・ダイ」はパン屋さん

ここは単にカフェとしての営業だけでは無く、メーサロン唯一のパン屋さんでもあります。

奥に工房があり、毎日早朝から焼きたてのパンをあちこちに納品しているようです。

店頭では、その一部を小売しています。

メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」 メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」 メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」 メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」

小さいお菓子は、お茶受けにぴったりです!

サクサクしてて美味しい・・。

メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」

そうこうしているうちに、さっき頼んだラテが運ばれてきました!

メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」

なかなか居心地が良く、気がついた時はすでに1時間以上が過ぎていました・・!

メーサロン「シン・シュー・ダイ」への行き方・アクセス・場所

メーサロン中心部セブンイレブンから徒歩3分程度の所にあります。

朝市とも近く、ここは7時半頃から営業しているので、散歩がてら朝食に訪れても良いかもしれません。

メーサロンまでのアクセスはこの記事をお読みください!

チェンライ県メーサロンへのアクセス・行き方

北タイ「メーサロン」はレンタカーでアクセスするのがおすすめ・行き方

2018-09-06

まとめ

メーサロンの中でも一番レトロなカフェ「シン・シュー・ダイ」。

レトロ風なのでは無く、昔からそのままの姿で営業を続けている、本物のレトロなのが見どころ。

テラス席は風もよく通り居心地も良く、時間が経つのを忘れてしまうほど。

場所が良いので、観光や町歩きの休憩にもぴったりです!

お昼に雲南麺を食べて、この店で食後のコーヒーという流れもおすすめ。「雲南麺餃館」からは徒歩5分ほどです。

メーサロンの名店「雲南麺餃館」で雲南麺と餃子

メーサロンでの食事は、雲南麺と餃子の老舗「雲南麺餃館」で決まり!

2018-09-08

店舗情報

「シン・シュー・ダイ(Xin Zhi Dai)」

メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」

住所 公開されているデータがありません。セブンイレブンから西へ徒歩3分

電話  082 892 5733

日本から +66 82 892 5733

営業時間

07:30〜20:00ごろ

年中無休(タイの祝日や年末年始・中国旧正月などは要確認)

 

合わせて読みたい記事


メーサロンのレトロカフェ「シンシューダイ」

この記事が役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

タイの魅力にすっかりハマり、気づいた時にはもうバンコクに移住してしまいました。
そして友人の紹介で、タイ人女性と結婚。
趣味はドライブ、食べ歩き、旅行、カメラ
現地・バンコクより、タイ旅行や移住のお役立ち情報を発信中!