北タイ「メーサロン」はレンタカーでアクセスするのがおすすめ・行き方

チェンライ県メーサロンへのアクセス・行き方

北タイ・チェンライ県にある、山あいの町「メーサロン」は、華人と少数民族が住む、標高約1000mにある天空の町です。

この町へは「交通アクセス」が良くないこともあり、どうしても海外旅にある程度慣れている中〜上級者向けのエリアになってしまいます。

メーサロンは、タイ北部の「避暑地」という位置づけでして、ホテルやお茶屋さんでゆっくりと過ごす人が多く、観光スポットがそこまで豊富な訳ではありません。

しかし、「天空の寺院」や「雲海のみれるスポット」「お茶屋さん」などの、見どころが分散しているので、公共交通機関だけだと回れません。とは言え、車をチャーターするとなると、途中で予定を変えたり、指示を出したりするのが難しい・・。

車の窓から見えて「あっ、ここ気になる!」とか「ここ見たい!」とか、旅行に行くとよくあるじゃないですか。

また、空港のある都市からメーサロンまで直行で移動できるバスはありません。途中で乗り換えが必要になりますし、車内にエアコンも付いていないのです。

私の場合は、ほとんどの場所に自分で運転して行くので、移動手段には全く困りません。そして寄り道もできて非常に便利です。

なので、快適に移動したい人、ちょこちょこ寄り道したい人、北タイを周遊したい人は、運転にある程度自信があれば「レンタカー」をおすすめします!

今回の記事では・・

バンコクからメーサロンまでのアクセス・行き方は?

チェンライ空港からレンタカーでメーサロンまで行く注意点は?

どのルートで行くのがおすすめ?

といった疑問に、なるべく分かりやすくお答えしたいと思います。

スポンサーリンク

メーサロンまでの交通手段

まず、メーサロンに行く方法は大きく分けて4パターンあります。

1.公共交通機関だけでメーサロンまで行く

2.公共交通機関で北タイまで行き、そこからレンタカーを借りてメーサロンまで行く

3.公共交通機関で北タイまで行き、そこでメーサロン周遊ツアーに申し込む

4.公共交通機関で北タイまで行き、そこで車をチャーターしてメーサロンまで行く

3番のツアーに関しては、チェンマイやチェンライあたりに行けば、ツアー会社やホテルなどで申し込めるので、私があえて説明する必要はないかと思います。

4番のチャーターは、行きたい場所を細かく指示しなくてはいけませんし、メーサロンで宿泊する場合は運転手の分も負担する必要があります。

また1番の公共交通機関だけで行く方法については、最新情報を調査中のため、後日機会があれば記事にしたいと思います。

なので今回は、2番の「公共交通機関+レンタカー」についてお話ししたいと思います。

ちなみに、バンコクから車だけでメーサロンに行くというのは、正直かなり疲れます。

しかし行けないこともないので、そういうのが好きな人(私みたいな変人)はチャレンジしてもいいかも・・。

レンタカーでメーサロンに行く

タイでレンタカーを借りるときの注意点はこちらの記事をお読みください。

タイで車の修理

タイでレンタカーを借りる時の注意点と7つのチェックポイント

2018-02-13
タイのトヨタカローラアルティス

タイでレンタカーを借りて、一味違った魅力を探しに行こう!

2018-02-13
タイのレンタカー

メーサロンへの玄関口は「チェンライ」と「チェンマイ」2ヶ所となります。

バンコクからメーサロンに向かう場合、チェンライからの方が距離が近いため、チェンライの空港でレンタカーを借りてメーサロンに向かうのが一般的かと思います。

この場合、メーサロンでの旅を終えたら、チェンライの空港まで戻ってレンタカーを返却し、バンコクへ空路で戻ることになります。

しかし、すでにチェンマイなど他の北タイにある都市にいて、そこからメーサロンにアクセスする場合は、その後のスケジュールを考えてからレンタカーを借りる場所をチョイスする必要があります。

なぜなら、チェンマイで借りてしまったら、帰りにまたチェンマイまで戻ってこなければならず、距離がありますのでこれが結構苦痛になりますし、時間的にも大幅にロスすることになります。

今チェンマイなど他の都市にいて、メーサロンを出発後はすぐにバンコクに戻りたい場合、チェンマイからバスでチェンライまで行き、チェンライでレンタカーを借りるのをおすすめします。そうすることで、レンタカーをチェンライで返却後、チェンライの空港からバンコクに飛ぶことが可能になります。

タイのレンタカーは「乗り捨て」ができる会社や店もありますが、日本のようにきちんとシステム化されていないこともあり、別途交渉が必要になったりすることがあります。

また、乗り捨て成立後もスタッフ同士伝達ができていなくて、貸出店舗から「車が帰ってこない!」と電話が来たり、やっぱり貸出店に戻してくれと言われたり、何かとトラブルの元になりやすいです。

なので、基本は乗り捨てせずに「借りた店で返す」ことをおすすめします。

全て陸路で行きたい人は、チェンマイまではタイ国鉄の夜行列車を使ったり、チェンマイやチェンライまで夜行バスでアクセスしたり、色々アレンジが可能です。

ただし、タイはLCCの格安航空路線が発達しているため、LCCとバスや鉄道の運賃を比較したらそこまで大差はありません。ただ単に「安く済ませたいから陸路」という考えはあまりおすすめしません。

スポンサーリンク

チェンライからレンタカーでメーサロンまでの道のり

まずは地図を見ていただきましょう。

チェンライの空港から、メーサロンのメイン通りにあるセブンイレブン前までの距離は約60キロ前後。

先に注意点を2点お話しします!

レンタカーでメーサロンまで行く時の注意点

1.グーグルで最短ルートとして表示されるルートは信用しない!

途中で国道から外れて、細い道に右折するように表示されることが多いと思います。確かにこれが最短距離なのですが、ちょっとした罠が・・。

山岳民族の村の中を突っ切るルートなのです。

一旦止まると再発進できないくらいの急な上り坂が、嫌というほど連続します。そしてスマホの電波が途切れて、途中でナビが止まります・・。

おそらく不安でいっぱいになることでしょう。

このルートより10キロほど距離は増えますが、もっとマシな道があるので、今回はそちらを紹介します。

2.チェンライ到着は、遅くても午後3時!

逆算すると、バンコクを2時には出発(離陸)する必要があります。

なぜなら・・。

メーサロンに向かう道は、途中から街灯がありません。そして険しい登り下りが続く山道です。夜になると何も見えなくて、本当に危険です。

日没はだいたい夕方6時ごろなので、余裕を見て午後3時にはチェンライの空港に到着するのが良いでしょう。

では、本編「メーサロンまでの道のり」を写真付きで説明します。

空港を出たらまずは「国道1号線」を目指します。

右に行くと「メーサイ」方面、左に行くと「チェンライ市街地」方面になります。

このまま「メーサイ」方面に曲がり、そのまま「1号線」を約25キロほど走ります。

この1号線は片側2車線のバイパス的な道路で、舗装もよく走りやすいです。制限速度は90キロ。

最近設置されたオービス(スピード取締りカメラ)があるので、くれぐれも制限速度は守りましょう。

(タイの交通警察は、1キロオーバーでも罰金の請求をしてくることがあります。その場合、のちにレンタカー会社から処理手数料を加算して請求されます。)

メーサロンまでの道のり

107号線分岐点です。

まっすぐ行くと「メーサイ」、左に行くと「メーアイ・ファン」と書いてありますね。

ここでに分岐します。

左折車線は別にあるので、直進が赤信号でも左折して大丈夫です。

ちなみに、ここで分岐せず、この先5キロくらいで左折するルートもありますが、おすすめしません!山道率がかなり増えるのと、舗装が荒れている区間が多いです。

この辺りの道路は一通り走ったので、よーく分かります。

なので、この記事で案内している道が一番ベスト(まし)だと思います。

メーサロンまでの道のり

左に曲がる車について行きましょう。

この先は片側1車線ずつの道路で、巡航速度はだいたい80キロ程度で走る車が多いです。路面の舗装状況は概ね良好です。ただしいきなり急カーブがあったり、土砂崩れの倒木があったりするので、前方には常に注意してください。

メーサロンまでの道のり

私は自家用車でバンコクから走ってきて、チェンライに到着したのが夕方6時近かったので、大失敗しました・・。

夕日が西に傾いてますね。

この1時間後は真っ暗闇・・。ガードレールも、路肩の反射板もありません。

さて、ここから約25キロほど進むと、こんな標識が見えてきます。

メーサロンまでの道のり

右折するとドイメーサロン

グーグルで案内される「最短ルート」はもっと手前、1号線から分岐して約15キロほどのところで右折と案内されます。

それはさっき話したように「山岳民族の村」を突っ切るルートなのでおすすめしません。

この標識にある1130号線を走りましょう。

メーサロンまでの道のり

検問所があるので、これが目印です。

国境が近いという場所柄、密入国も多いので、このように至る所で検問をしています。

通過時は徐行して、窓を開けて走ります。

警官に何か聞かれたら、メーサロンと言いながらパスポートを見せれば「ああ、外国人か」と思い、そのまま通してくれます。

検問ではだいたい「どこに行くんだ?」と聞いてきます。

この検問所で右折です。

メーサロンまでの道のり

ここから3つめの山がドイメーサロンです。険しい登りくだりを繰り返しますので、気を引き締めて走りましょう。

舗装は比較的安定していて、交通量は少ないのですが、かなりの山道です。たまにすれ違う車がはみ出してくるので注意!

検問所から約10キロほどで、メーサロンの入り口を示す看板が。

メーサロンまでの道のり

その看板から約3キロほどで、メーサロンの町の西端に到着です。

メーサロンまでの道のり

町に唯一あるセブンイレブン。

この付近にゲストハウスやホテルがたくさんあります。

安いゲストハウスだと駐車場がないので注意が必要です。

ちなみに、中心地からちょっと離れたところに、比較的安く泊まれるリゾートみたいのがいくつか点在しています。レンタカーという足があるのなら、そういった宿を探しても良いでしょう。

タイでの運転についてはこちらの記事をお読みください。

タイのレンタカー

タイで運転するときに覚えておきたい5つのポイント

2018-02-14

スポンサーリンク

まとめ

メーサロンにレンタカーでアクセスするなら、日没までには到着しましょう!

また、グーグルのナビの最短経路は「けもの道」を案内されるので注意!

検問所のあるルートは比較的走りやすいけど、それでも険しい山道には変わりありません。気を引き締めて走りましょう。

大自然が魅力的なタイ北部。そして標高1000mの山の中にそびえる天空の村メーサロン。レンタカーをうまく活用できれば、見どころスポットにも思うままにアクセスできますね!

レンタルバイクを借りるより安全ですし、チャーターするよりも便利で、結果として安上がりになります。

メーサロンを訪れる際には、選択肢のうちの1つにしてみてはいかがでしょう。

メーサロンについての記事はこちら!

タイ北部、チェンライ県の「ドイ・メーサロン」は天空の村

北タイの秘境「ドイ・メーサロン」は雲海を見下ろす天空の村・チェンライ県

2018-09-04

合わせて読みたい記事


チェンライ県メーサロンへのアクセス・行き方

この記事が役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

タイの魅力にすっかりハマり、気づいた時にはもうバンコクに移住してしまいました。
そして友人の紹介で、タイ人女性と結婚。
趣味はドライブ、食べ歩き、旅行、カメラ
現地・バンコクより、タイ旅行や移住のお役立ち情報を発信中!