チェンマイ「Aroon Rai」で絶品カオソイを食べよう!ターペー門からも近いぞ

チェンマイでカオソイが美味しいAroon Rai

こんにちは!Asia-Jin(あじあ人)です。

チェンマイといえば「カオソイ」!

ココナッツ風味のカレーヌードルは、チェンマイに行ったら絶対に食べるべきタイ北部の名物です。

街中を歩いていると、どのレストランでもだいたい提供しているのですが、店によってスープが違うため、必ずしも美味しいとは限りません。

今回は、私がチェンマイでカオソイを実際に食べ歩きした結果、「これはうまい!!」と感じた「Aroon Rai」という食堂をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

チェンマイの旧市街、ターペー門付近にある「Aroon Rai」

「Aroon Rai」は1957年創業の庶民的な老舗食堂

このお店は、観光客が多く集まるターペー門から徒歩5分ほど、外堀通り沿いに佇む食堂です。

近所の住民にも長く親しまれてきた「老舗」なので、味も期待できそうです!

チェンマイでカオソイが美味しいAroon Rai

店内には年季の入ったテーブルが並び、奥行きがありそれなりに広い作りとなっています。

私が行った時はお昼時をちょっと過ぎた頃、タイ人の女性グループ2組、白人の家族1組がちょうど遅めのランチを楽しんでいました。

チェンマイ「Aroon Rai」への行き方・アクセス・場所

ターペー門から外堀通り沿いに歩いて徒歩5分程度で到着できます。

チェンマイでカオソイが美味しいAroon Rai

しばらく歩くと、左側にこの看板が見えてきます。

周囲に溶け込んでいるので、バイクやトゥクトゥク、ロッデーン(ソンテウ)の人は、見落とさないように注意!

食事を注文しよう!

店に入って左側にあるステンレス製の配膳台には、美味しそうな料理が並んでいます。

タイ北部の名物料理の数々ですね。

チェンマイでカオソイが美味しいAroon Rai チェンマイでカオソイが美味しいAroon Rai

配膳台の前にはおばちゃんがいるので、食べたい料理があれば指差しで注文してもOK!

メニューには英語は併記されているので、それを見ながら注文も出来ます。ただ、写真が載っていないので、どんな料理か想像するのが難しい。。

どの料理も、そのほとんどが一品50B(約180円)〜100B(約350円)以下!

庶民的な安心価格ですね。

チェンマイでカオソイが美味しいAroon Rai

他には魚を揚げたもの、鶏を揚げたものなどが置いてあります。

スポンサーリンク

「Aroon Rai」で絶品カオソイを食べよう!

この店では、やっぱり「カオソイ」!

老舗食堂というだけあり、秘伝のスープに期待です。

注文方法は、ただ「カオソイ」と言えばOKです。発音は難しくありません。日本語の「カオソイ」で十分通じます。

オーダーしてから約5分。

さっそく運ばれてきました!

チェンマイでカオソイが美味しいAroon Rai

スープは白く濁り、濃厚なのが伝わってきます。

では食べてみましょう。

チェンマイでカオソイが美味しいAroon Rai

「・・・・」

おおっ!

カレーっぽくないぞ!

ココナッツっぽくないぞ!

一般的なカオソイは、「カレー」「ココナッツ」の風味が前面に出てきているのが特徴ですが、「Aroon Rai」のカオソイは、それがほどよく隠れています。

なので、日本人からしても食べやすい味です。

そして創業60年の秘伝のスープはコクがあり、非常に濃厚!

麺はもちもち感のある平打ちたまご麺。

これが濃厚なスープと相まって、味わいが口の中に広がります。

「うまい・・・。」

確かにカレーの味はしますが、カレー全開・ココナッツ全開の他店とは明らかに違うんです。

これはチェンマイに行ったら絶対食べて欲しいですね。

チェンマイ名物「ゲーン・ハンレー」も美味しいぞ

配膳台のトレーで見つけた、赤茶色のカレーのような食べ物。

これこそが、チェンマイ(たい北部)名物の「ゲーン・ハンレー」です!

豚肉と生姜、そして薬味を各種煮込んだカレーで、ご飯によく合います。

チェンマイでカオソイが美味しいAroon Rai

味付けは「甘味と辛味のあるカレー」と言った感じで、日本で食べるカレーとも、インドカレーやタイカレーともちょっと違った風味です。

どちらかといえば、タイ南部やマレーシアで食べたカレー(マレーシアではイスラム教のため、豚ではなくチキン)に近いかな?

見た目ほど辛くはありません。

これがまたおいしいんです。

チェンマイでカオソイが美味しいAroon Rai

私は、もち米をチョイスしました。

それは、この後出てくるサイウアとも一緒に食べるからです!

チェンマイでカオソイが美味しいAroon Rai

きました!

タイ北部名物・サイウアです。

これは、ハーブと唐辛子を一緒に練ったソーセージ。

もち米とよく合います。

チェンマイでカオソイが美味しいAroon Rai

切る前はこんな状態です。

油で揚げて、表皮はカラッとしています。

「あーうまい!」

スポンサーリンク

珍味「ナムプリック・オン」と「キャップムー」

チェンマイでカオソイが美味しいAroon Rai

「ナムプリック・オン」とは、辛いつけダレのことです。店によって独自の作り方があり、それぞれの秘伝の味を楽しめます。

ただし、辛い!

唐辛子を漬けて作るので、本気で辛いんです。

これを「キャップ・ムー」に付けて食べます。

キャップ・ムーとは豚の三枚肉近くの皮を油で揚げたもの。

カリカリした食感の中に、香ばしい豚の味が広がります。

珍味ですね!

飲む人は、つまみによく合いそうです。

「Aroon Rai」の注意点

庶民的な食堂なので、エアコンはありません。

またドアが無く、オープンで風通しの良い店なので、逆に言えば虫が入ってきますし、通りを走る車の音や排ガスの匂いが入ってきます。

店自体はよく清掃されていて清潔な感じはしますが、お店に「おしゃれ感」を求める人には向きません。

私は、このレトロ感が好きなのですが・・(笑)

まとめ

「Aroon Rai」のカオソイは、濃厚でおいしい!

カレーやココナッツっぽさがあまり主張しないスープなので、日本人にも親しみやすいのが嬉しいですね。

また、タイローカルの雰囲気に浸りながら食事をできるのも魅力的です。

店舗情報

Aroon Rai

住所  43-45,Kotchasarn Rd. Tambon Si Phum, Mueang Chiang Mai , Chiang Mai 50100

電話 053 276 947

日本から +66 53 276 947

営業時間

12:00〜21:00(要確認)

不定休(要確認)

チェンマイのもう一つの名店はこちら↓↓

チェンマイのカオソイサムージャイ

チェンマイおすすめ食堂!「カオソーイサムージャイ」はタイ北部料理が一番おいしい

2018-06-17

チェンマイのおすすめ古民家ホテルはこちら↓↓

チェンマイの「Nai Boutique House」

チェンマイのホテル「Nai Boutique House」はおすすめ!古民家をリノベーション

2018-06-16

神の手マッサージをお探しならこちら↓↓

チェンマイのワットマハワン

「ワット・マハワン」のマッサージはチェンマイで最強にうまい!もはや治療院

2018-06-18

 

合わせて読みたい記事


チェンマイでカオソイが美味しいAroon Rai

この記事が役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)