東チベットの個室温泉・二道橋温泉は康定からすぐ近く!入浴方法・行き方まとめ

康定・二道橋温泉に行こう!

中国四川省・東チベットエリアには温泉が沸いている町がいくつかあります。

その東チベット入り口・康定の町にも温泉施設があり、市街地からの距離は4キロほど。

今回は、その施設「二道橋温泉」に実際に行ってきたところ、改装リニューアルされて綺麗になっていたので、その様子やアクセス方法などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

康定・二道橋温泉に行く前の悩み

東チベットへの旅行を計画している段階で、他の人が書いたブログなどから情報を拾っていたところ、「康定の町には温泉がある」という文字を発見!

しかも「個室」と書かれているではないですか。

私は温泉が大好きでして、日本に住んでいる頃は週に1〜2回の割合で、関東近辺にある日帰り温泉施設に通っていました。

しかし現在は日本を離れ、タイのバンコク在住。

タイには温泉がほとんどない(あるけどバンコクから800キロとか離れた山の中です・・)ため、一時帰国の時くらいしか温泉に入る機会がありません。

そんな私がネットで見つけた「温泉」の記事を見逃すはずもなく、隅から隅まで熟読してみました。

すると・・

「ゴミが浮いててあまり綺麗ではない」

「お湯を取り替えていない」

など、内容が低評価の記事もいくつかありまして。

正直行くかどうか悩みました。

だって「綺麗ではない」なんて書かれていたら、中国のトイレや町の状態を思い浮かべると、どんなもんかだいたい想像できるじゃないですか!

なので、記事を初めて見つけて最高潮だったテンションはだんだん下がり、康定に着いてからはあまり乗り気ではなくなった私。

でも行きました。

行ってみましたさ。

実際に入ってみて、ダメなら足湯だけでもいいや。冬のチベット散策で痛んだ足の指をほぐすだけでもいいや・・。

くらいのノリでした。

ダメなら、ブログの失敗ネタにしようくらいで行ってみたところ・・。

「ああ〜極楽・・・。」

・・と、夫婦揃ってのぼせる寸前までの長湯・・。

事前にネットで見た情報とは違い、個室は新しく綺麗で、お湯にはゴミなど浮いておらず。

どうやら、数ヶ月前にリニューアルされたようでして。

ここからは、その「二道橋温泉」がリニューアルされて現在はどうなっているのか、実際に行ってきた様子をお伝えします!

スポンサーリンク

康定・二道橋温泉に行こう!タクシー利用でも安い

康定の市街地からは4キロほど離れた場所にある「二道橋温泉」。

他のブログを見ると、市街地から「歩いて行った」と書かれている方がいらっしゃって・・。素晴らしい!頭が下がります・・。

すいませんが、体力に自信がない私たちは、寒くて雪も積もっていたということを言い訳にして、タクシーを利用させていただきました。

康定のタクシー

おおッ、贅沢!なんて思わないでください。

ミニ牛丼1杯よりも安いのです。

15元(約250円)で、市街地から温泉施設の真ん前までアクセス可能です。

そこらへんを走っていたタクシー兄ちゃんに「二道橋温泉」(中国語では「二道温泉」)と書いた紙を見せ、いくらか聞いたら「15」って書かれたので乗車。

これが通常よりも安いのか高いのか分かりませんが、私の住むバンコクと比較してもだいたい同じくらいだったので、迷わず利用しました。

さらに安く済ませたい人は「送迎バス」が運行されていて、1元(約17円)で温泉の前まで行けます。帰りは市街地までそのバスに乗車しました。

詳しくは記事の最後に載せておきますね。

康定・二道橋温泉

タクシーを降りるとこんな風になっています。

これが日帰り温泉施設の駐車場。

ちなみに、写真に写っている緑色のバスが、市街地と二道橋温泉を往復する送迎バス。1元で誰でも乗車できます。

乗り方や出発場所など、詳しくは記事の最後に!

日本の温泉街のように、旅館やホテルがズラーっと並んでいるわけではなく、この施設の他に温泉宿が数軒あるだけの規模です。

駐車場の入り口には売店があり、水・飲み物などはここで購入できます。温泉の中にも売店がありますが、価格をチェックしたら外の方が安かったです。

温泉は個室なので、中で飲食可能です。飲料水などは自分で持ち込みましょう。

タオルも自分で持って行く必要があります。中で買うと高い・・(タクシー代より高い!)

私たちはあらかじめハンドタオルを持参しました。

スポンサーリンク

部屋によって違う入浴料金

さあ、先に進みましょう!

康定・二道橋温泉に行こう!

この味のある壁伝いに、奥の方に進んでいきます。

気温は1℃まで下がっています。うう〜寒い・・。

康定・二道橋温泉に行こう!

この看板どおりに、階下へ降りていきます。

康定・二道橋温泉に行こう!

古い木造の建物が現れました。

これが二道橋温泉。

康定・二道橋温泉に行こう!

この入り口から入ります。

手前の入り口はレストランなので、間違えないように!

康定・二道橋温泉に行こう!

こちらの受付で入浴料を支払います。

ここですることは決まっているので、ジェスチャーだけでも伝わります。

誓約書みたいなものにサインをさせられますが、読んで見ると普通の注意書きだったので、漢字で署名しました。

(1時間すぎたら超過料金だよーとか、15分以上入るとのぼせるから注意してねとか、滑って転んでも責任とらんぜよ・・などなど)

康定・二道橋温泉に行こう!

1名あたり、1時間の料金です。

部屋によって20元〜50元となっています。

高い方が広くなるのと、ちょっと設備が違うだけなので、私たちは20元の部屋をチョイス。

2名分40元を支払います。

すると、受付のお姉さんに「あなたは何人(ナニジン)なの?」と、紙に書いて渡されました。

だいたい中国で、漢字の読み書きはできるけど中国語を話せないアジア人は「日本人」だと言われています。(普通の外国人は逆で、中国語は話せるけど、読み書きはできない人が圧倒的に多い。)

しかし、私はタイ人の嫁さんとタイ語で話しているし、髪型も服装も日本人とはかけ離れている・・。

なので、受付の人も「こいつら一体どこから来たんだ・・?」と思ったのでしょう・・。

そして「日本人、泰国人」という順番で私たちの国籍を紙に書くと・・・

「日本」の文字を見た時は、おおーッくらいだったのに、「泰国」の文字を見た途端「大騒ぎ」となり、周りにいるスタッフがたくさん集まって来る始末。

南無寺に続いて、ここでも人気者のタイ人嫁さん(笑)

康定の南無寺は路線バスで気軽に行けるスポット

康定・南無寺(南无寺)は路線バスで気軽に行けるチベット寺院

2019-01-30

なんか、お茶とカップラーメンと、お菓子をくれました・・。「免費!免費!」って肩をポンポン叩かれる嫁さん。

すごい人気っぷりだな〜。

まあ、中国からしたら、タイは「弟分」のような感じですからね。しかも、かなり出来の良い弟。

リニューアルされた個室にびっくり!

思いがけずお茶やラーメンなどをゲットした私たち。

せっかくいただいたので、お湯をもらいフロントで軽く腹ごしらえをしてから、指定された個室に向かいます。

康定・二道橋温泉に行こう!

受付のすぐ右にある通路が、浴室に向かう廊下。

康定・二道橋温泉に行こう!

個室がズラーっと並んでいます。

部屋数は結構多いのですが、他の人のブログには「人気のため満室の場合もある」と書かれていたので、すぐに入ることができてラッキー。

康定・二道橋温泉に行こう!

今回私たちが案内された「民」の部屋。

温泉の説明が書かれています。

文字から判断すると、どうやら炭酸硫黄泉のようですね。温泉の香りが廊下に漂っています。

この時点で、私は「もし汚かったら足湯だけして帰ろう」と思っていました。

そう覚悟してドアを開けると・・・

康定・二道橋温泉に行こう!

あれ〜?

康定・二道橋温泉に行こう!

おっ・・!

康定・二道橋温泉に行こう!

んんッ?

康定・二道橋温泉に行こう!

ネットで見たのと違う!

壁も浴槽もドアも新しい!

ネットで見た写真には、木製の浴槽が写っていたのですが、タイル張りの新しいものに変わっていました。

お湯は前の人が出てからも取り替えてないと思いますが、ゴミなどは全く浮いていなくて綺麗。

椅子のあたりに髪の毛やホコリはありましたが、まあ許容範囲です。むしろ「ひどい汚ったない」のを想像して来たので、あまりの新しさにびっくり。

写真で見た古い浴槽よりも清潔度がかなりアップしていたので、日本人としてはこのほうが入りやすいかなと思います。

康定・二道橋温泉に行こう!

奥には着替える部屋と、その横にはトイレがありました(湯船から丸見えですが)

これなら、湯船で「シャーっ」とやってしまう馬鹿もいなくなり、以前よりも衛生的ですね。(聞いたらそういう人も結構いるらしいですよ(笑))

ただし、頭や体を洗うスペース、いわゆる「カラン」は無いので、温泉に浸かって温まるだけになります。

どうしても洗いたければ、湯船のお湯を使い、湯船の奥にある排水溝に向けて泡を流すしかありません・・。

まあ、ここは中国四川省、細かいことは気にせず、お湯に浸かってゆっくりしましょう。

温度は約35〜40度くらい、気持ち少しだけぬるい感じがしましたが、冬場でなければもう少し熱いかもしれませんね。

ああー極楽・・・。

奥には温泉プールもあるよ

久しぶりの温泉、しかも綺麗な個室。

日本の温泉とはだいぶかけ離れているので、日本から行く人にとっては「???」となるかも知れません。

しかし、バンコクに住む私からしたら「大満足」だったのです。

ついつい長湯してしまい、制限時間である1時間ギリギリで退室しました。

外に出ると、キンッと冷えた空気が火照った顔にあたり気持ちがいい。

以前、冬に長野県の温泉巡りをしたのをふと思い出しました。

康定・二道橋温泉に行こう!

建物の裏に回ってみます。すると・・・

康定・二道橋温泉に行こう!

温泉プールだ!

熱気がすごい!ここも硫黄の匂いに包まれていて、家族づれが数組ほど遊んでいました。

利用料は不明。

興味があればぜひ。

康定・二道橋温泉に行こう!

こちらは無料の足湯。

左の「美容池」は何でしょう。顔でも洗うのかな?

「ここで洗濯はしちゃダメよ!さもないと罰金50元よ!」と書かれています。

・・・いや、ここで洗濯したら、服が硫黄で臭くなるでしょ!

中国人は気にしなそうですが・・。

二道橋温泉への行き方・アクセス・市街地への帰り方

中国ではネット規制があるため、Googleが使えません。またVPNや香港SIMなどで規制回避しても、Googleマップは正しく表示されません。

なので事前に「百度地図」をダウンロードしておくことをおすすめします!

;

市街地からはタクシーで行くのが一番早くて楽です。

約10分、料金は15元前後になります。

節約派の人は、1人1元で乗れる送迎バスを利用するのが良いでしょう。

乗車場所はこの辺り。

中心地の「西大街」という通りを奥まで行き、その突き当たり付近を右に曲がると銀行があり、その付近にバス停があります。

康定・二道橋温泉に行こう! 康定・二道橋温泉に行こう!

このバス停付近で乗車可能。(写真は帰りの降車時に撮影。つまり「逆方向のバス停」の写真なので注意)

康定・二道橋温泉に行こう!

行き先表示には「二道橋」と書いてあります。

方向には注意!市街地から来て、右折する方向が温泉方面になります。

バスが来たら手を振るなど、乗る意思表示をすれば止まってくれます。

乗車したら1元を運転席横の料金箱に入れるだけ。あとは温泉の駐車場まで運んでくれます。

康定・二道橋温泉に行こう!

帰りは、温泉駐車場の前で待っていればいつかは来ます(笑)

本数は多くありませんが、概ね30分に1本くらいの割合で走っているようです。不安なら「公共汽車」と紙に書いて、売店の人に見せてみましょう。

もし、しばらく待って来なければタクシー利用となります。

康定・二道橋温泉に行こう!

普通のタクシーはたまにしか通らないのですが、康定の街には「白タク(無許可タクシー)」がいっぱいいます。

この写真は二道橋温泉の駐車場外ですが、3台停まっている車全て白タク(笑)料金を聞いたら15と書かれたので、普通のタクシーと一緒ですね。

安全性がちょっと不安でもあります(女性だけの白タク利用はおすすめしません)が、一応バスが無くても帰ることはできそうです。

また「出租车(タクシー)」と書いて温泉の受付で見せれば呼んでくれると思います。しかし正規タクシーなのか白タクかどうかは、車が来るまで分かりません。

まとめ

康定にある「二道橋温泉」がリニューアルされて綺麗になった!

日本の温泉と比較したら色々な面で「・・・」となりますが、海外の旅先で温泉に浸かるなんて滅多にない機会です。

また、いつもシャワーだけのバックパッカーさんにとっては、数少ない「湯船」しかも「温泉」に浸かるチャンスでもあります。

これから康定・東チベットを訪れる予定の人は参考にしていただければ幸いです。

 

合わせて読みたい記事


康定・二道橋温泉に行こう!

この記事が役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タイの魅力にすっかりハマり、気づいた時にはもうバンコクに移住してしまいました。
そして友人の紹介で、タイ人女性と結婚。
趣味はドライブ、食べ歩き、旅行、カメラ
現地・バンコクより、タイ旅行や移住のお役立ち情報を発信中!