パトンのタイ料理レストラン「Red Chopsticks」でマッサマンカレーを食べてみた

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

パトンは、プーケットの中でも最大級の繁華街を持つビーチエリアで、昼夜を問わず観光客でにぎわっています。

この日私たちは、お昼頃からビーチを散歩したり、マッサージしたり、お土産を買ったり・・と、パトンの街を散策していました。

さて、ウロウロしていたら結構いい時間。お腹もだいぶすいてきました。そんな時、嫁さんと交わした言葉。

嫁「パトンって、やっぱり高いよね・・。」

私「そう、高いのに美味しくない店もあるから困るよね!」

おいしい店なら、別に多少なら高くても構わないと思っている私たちですが、高いからといって必ずしもおいしいとは限らない・・。

中には「一見さん観光客」用の「やっつけ」店もあるのが、世界どこに行っても観光地の常。

さあ、どうしようか!という時、嫁さんが何か思い出したようです。

嫁「そういえば、スパのセラピストがおすすめの店があるって、確かこの辺のはずだよ」

どうやら数日前に行ったスパで、おいしいレストランをちゃっかり聞いていたようです。

ということで、今回はパトンで美味しく食事ができるレストラン「RED CHOPSTICKS」をご紹介したいと思います。

結論から言うと、価格帯は観光地パトンにしてはリーズナブル。雰囲気よく清潔で、料理もおいしいのでおすすめです!

スポンサーリンク

「RED CHOPSTICKS」への行き方・アクセス・場所

こちらがお店までのマップです。

パトンの中でも一番の繁華街「バングラ通り(バンラー通り)」から約200m、徒歩3分もあれば到着できるアクセスの良さ。

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

バナナの看板が目印の「バナナウォーク」。

奥の建物は「パトンビーチホテル」。

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

バナナウォークの奥の方に「RED CHOPSTICKS」はひっそりと佇んでいます。

こんなところにあったら、普通に歩いていたら絶対見つからないですね・・。

観光客の多くは、通り沿いにあるお店に適当に入ることが多く、そうすると失敗することも多いです(私が以前そうでした・・。今はネットの時代なので、調べれば情報はいくらでも出てきますが・・。)

「RED CHOPSTICKS」

モールの1階、一番奥まったところにあります。

お店の隣にはミニマートがあります。

それではさっそく入店しましょう!

スポンサーリンク

パトン「RED CHOPSTICKS」はアジアンテイスト満点!

入り口で人数を伝え、テーブルを案内してもらう・・間も無く、嫁さんは外のテラス席に勝手に座りました(笑)

店内は「木」のぬくもりが感じられる、温かみのあるデザインです。

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

黒板におすすめメニューが書かれています。

だいたい200B以下の価格設定は、パトンにしては結構リーズナブルな方でしょう。

このくらいちゃんとした、凝った店構えだと、1品200B越えのところが結構多いです。

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

それなりに広い店内。

遅めの時間に行ったので、他のお客さんは3組ほど。

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

店内、テラス、どちらもエアコンはありません。

それでも、日没後はそこまで暑くないのがプーケットのいいところ。

それではまずは飲み物からオーダーしましょう!

「RED CHOPSTICKS」のドリンクはちょっとだけお高め

ドリンクのメニューをもらいます。

一部抜粋して写真を載せておきますので、訪れる前の参考にしてください。

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

飲み物はややお高めの印象。

パトンの高級店や観光向けのお店も似たような価格帯ではありますが・・。

私たちは、普段バンコクでは庶民的なお店に行くので、余計に高く感じます!

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

飲む人は、この中から選ぶことになります。

ボトルではなくて、グラス単位でオーダーできますね。

うちの嫁さんは物欲しそうにメニューを眺めていますが、前日飲みすぎたので今日は休肝日のお約束

約束は守るためにあるんだ!と何度も教えたので、必死に我慢しているようですね。

(タイ人は「約束」は参考程度にしか考えない人が多いのです・・。)

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

ソフトドリンクのメニューです。

南国らしく、フルーツシェイクの種類が豊富なのが嬉しいですね!

私はミルクシェイクの「バナナ・アーモンド」をチョイス。絶対うまいはず!

嫁さんはかわいそうに「水」をオーダー・・。まあこれから食事をするわけですから、甘いものを頼む方が違和感がありますね。

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

お水とシェイク。

オーダーから5分ほどで運ばれてきました。

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

シェイクうまい・・!

バナナの自然な甘みと、ナッツの香ばしさがよく合います。

さて、そろそろ料理をオーダーしましょう。

「RED CHOPSTICKS」のメニューは先進的!

メニューはこれ!

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

iPadが渡されます!

ここに写真が入っているので、指でシャアーっと流しながら見るスタイルです。

別にこれでピピっとiPadからオーダーできるわけではありませんので悪しからず・・(日本の回転ずしは最近みんなタッチパネルですよね?)

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

ものすごい豊富な数の料理が揃っています

ここでは一部を抜粋しましたので、メニューと価格の参考にどうぞ!

「ホーモック・タレー(シーフード)」はヤシの実に入れられた蒸しカレー。プーケットなどタイ南部の名物でもあります。

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

タイ風エビラーメン。美味しそう・・・。

でも我慢我慢。

今回は「マッサマンカレー」を食べるんだ!

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

ココナッツミルク入りレッドチキンカレー!

うまそう・・・。よだれが出てきた。

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

みんな大好きグリーンカレー!

具材は、チキン、ビーフ、ポーク、エビから選べるらしいです。

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

「ミー・ホッキェン(福建麺)」は、プーケット名物料理の一つ。昔この地に移住した華人が持ち込んだ中華麺で、福建式の焼きそばです。

お店秘伝のダシとタレが決め手となります。

プーケット以外に、マレーシアのペナン式、マレー式、シンガポール式などがあり、それぞれの土地で独自に進化・融合していきました。

ちなみにバンコクだと、チャイナタウンのヤワラート付近に行くと、似たようなスタイルのものがありますが、バンコクのは潮州式のが多いようで、味や調味料が若干異なります。

私は「マッサマンカレー」と、この「福建麺」をオーダー。あとは嫁さんが好きなように頼みました。

スポンサーリンク

パトン「RED CHOPSTICKS」料理の味は・・?

待つこと10分ほど。

続々と料理が運ばれてきました!

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

まずは、タイ料理の定番「トムヤムクン」から。

それではいただきまーす!

「・・・・・・・」

「・・・・・・」

「・・!」

「酸味が効いているのに、まろやか!」

トムヤムはもっと真っ赤でドロッとしたイメージの人も多いかと思います。

このお店のトムヤムクンは、辛さは控えめ。そしてココナッツミルクも少なめで、飲みやすい!

喉に引っかかる感じが全然なくて、ゴクゴク飲めてしまうほどです。

量は3〜4人で取り分けて、ちょうどお椀に1杯ずつといったところでしょうか。

優しい味なので、食前の前菜代わりにもぴったりです!

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

嫁さんが頼んだ「青インゲンとエビの炒め・プーケット式」

「・・・・・・・」

「・・・・・・」

「・・んっ!?」

「香ばしいぞ!ニンニクの香りとよくマッチしている!」

この炒め物のポイントは「ガピ」と呼ばれるタイ南部の調味料で炒めていること。

エビを塩漬けにして作られたペーストでして、これで炒めるとエビの香ばしい味わいが口の中いっぱいに広がります!

ご飯が何杯でもいけてしまいそうな予感。

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

お待ちかねの「マッサマンカレー」

日本でもテレビなどで紹介されているので、知っている人も多いと思います。

日本のシチューを少し甘くして、ハヤシライス的な味を足して、ココナッツミルクを加えたような味。イメージできますか・・?(笑)

いただきまーす!

「おっ、期待通りまろやかで優しい。。」

このお店の料理は、全体的に優しい味のものが多いようです。

他の店(安い店)で食べるマッサマンカレーは、結構濃い(しょっぱい)ものが多く、ご飯が終わったら単品では食べづらいのですが、ここのはスープとして食べても全然いける味の濃さ。

そして具材がゴロゴロ入っているのがポイント。鶏肉とポテトと、玉ねぎと豆がいっぱい入っていて食べ応えがあります!

ご飯がさらにすすみます!(ここで3杯目頼みました!)

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

ついにきました!福建麺!

具材はシーフードと魚のすり身。

パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

どんぶりの底にダシとタレが沈んでいるので、よく混ぜてからいただきます。

「・・・・・・・」

「・・ダシがしっかりと効いている!」

奥行きのある味で、少量加えられたニンニクが隠し味としていい仕事しています。

焦がし玉ねぎともよくマッチしていて、これはおいしい!

以前マレーシアのクアラルンプールで食べた福建麺は「オイスターソース」だけで味付けされていて、真っ黒でべちゃっとしていましたが、ここのは香りづけ程度なので、シーフードの味も生きています。

パトン「RED CHOPSTICKS」はデザートもあるよ

パトン「RED CHOPSTICKS」

今回はお腹いっぱいでオーダーしませんでしたが、デザートには「カオニャオ・マモアン」がおすすめ!

マンゴーをもち米と一緒に食べるスイーツで、ココナッツミルクをかけて食べます。

私の日本人の友人は、みんな「米とフルーツ!?」と言って嫌がるのですが、いざ食べてみると結構いけるようで・・。みんな残さず食べています。

そして次回の食後には、率先してオーダーしているところを見るとおそらく気に入ったのでは・・?と思います。

私も大好きなデザートなので、機会があれば食べてみてください!

バンコクだと、サイアムにある有名な「マンゴータンゴー」あたりで食べられます。

まとめ

パトンのバングラ通りから徒歩3分とアクセス抜群のレストラン「RED CHOPSTICKS」

観光地の割にはリーズナブルで、料理の味も美味しく、雰囲気も良いと3拍子揃ったお店なので、きっと満足できるかと思います。

パトンを訪れる際には、ディナーの選択肢として加えてみてはいかがでしょうか?

パトンビーチってどこ?どんなエリアなの?という人はこちらをご覧ください!

プーケットのパトンビーチ

プーケットで一番にぎやかな「パトンビーチ」は夜も遊べる便利なエリア!

2018-12-14

プーケット空港からの移動手段についてまとめました。

プーケット空港からの移動手段

プーケット空港からプーケットタウンやビーチに移動する方法・おすすめはこれだ!

2018-11-18

パトンから送迎付き!比較的近い大規模リゾートホテル。

パトン近くの「ウィンダムシーパール」

パトンから近いリゾートホテル「Wyndham Sea Pearl」は広くて快適!ビーチ送迎付き

2018-11-30

パトンからプーケットタウンへの移動はこれ!

パトンビーチからプーケットタウンまでソンテウで移動

パトンビーチからプーケットタウンまではソンテウで格安移動!気軽にローカル体験できるよ

2018-12-11

プーケットタウンって何がある街なの?

プーケットタウンは街歩きが楽しい

プーケットタウンは街歩きが楽しい!おすすめポイントは?オールドタウンってどんな街?

2018-12-08

合わせて読みたい記事


パトンのおいしいレストラン「RED CHOPSTICKS」

この記事が役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)