パタヤおすすめ!オーシャンビューのフードコートで優雅にランチ

パタヤのフードコートFood Wave

こんにちは!Asia-Jin(あじあ人)です。

パタヤはビーチのあるリゾートシティー。

バンコクから片道2時間程度と近いため、手軽な旅行先としても人気がありますね。

今回は、パタヤの海が一望できる、ちょっと高級なフードコートをご紹介します。

パタヤへの行き方はこちらをどうぞ。

パタヤビーチの夕暮れ

バンコクから約2時間!パタヤビーチへ行こう

2017-12-08

スポンサーリンク

パタヤの海が一望できる高級フードコートに行こう

フードウェーブ [Food Wave]のおすすめポイント

1.海が一望できるロケーションが最高

パタヤのFood Wave客席

何と言ってもこれ!

窓側に座れば室内の客席からも、バッチリパタヤの海が一望できます。

海に接している立地を生かし、全体が船をモチーフにデザインされていますので、大型の豪華客船の中で食事している気分になれますよ!

目の前に青い海が広がる中お食事ができるので、リゾート気分満点!

また、夕方に時間を合わせて行けば、雄大な海に沈むサンセットと美しい夕暮れを見ることができます。

2.テラス席あり

パタヤのFood Wave

海風にあたりたい人はテラス席へ!

日中は日差しが強烈なので、要注意。

南国の海風を受けながら飲むビールも格別ですね。

夜は停泊された船と、漁船の明かりが見えて雰囲気が出ています。

3.清潔で衛生的

パタヤのFood Wave

厨房は常に清潔に保たれています。調理しているところがお客さんから丸見えなので、安心感がありますね。

客席も清掃が行き届いています。

4.エアコンで涼しい

屋内席はエアコン完備なので、外がどんなに暑くても大丈夫です!

5.場所がわかりやすい

パタヤビーチロードとセカンドロードに挟まれるような立地なので、どちら側からでもアクセスできます。ソンテウで移動して、降りたらすぐなので分かりやすいです。

6.メニューの種類が豊富

パタヤのFood Wave

一般的なタイ料理、シーフードのほかに、パスタやピザ、インドカレー、ベトナム料理、日本料理、ロシア料理など豊富なメニューが揃っています。

タイ料理以外も自由に頼めるので、食の好みが分かれやすい大人数で行っても、注文に困ることはありません。

7.注文が簡単

それぞれのブースに食事のサンプルが置いてあるので、指差しで全然問題ありません。また従業員は英語で対応できます。

注文したお食事は、基本的にテーブルまで運んでくれますので、オーダーしたら席に戻って大丈夫です。

8.明朗会計

帰るときに出口で後払いするシステムです。注文データはカードに記録されるので、その都度小銭を用意する必要もありませんし、よくあるぼったくりは皆無です。

スポンサーリンク

フードウェーブ [Food Wave] の行き方・アクセスと場所

パタヤのビーチロードとセカンドロードに挟まれています。

ビーチロードもセカンドロードも一方通行なので、ソンテウ(乗り合いバス)でアクセスするには、まず自分がいる位置を把握しなくては行けません。

ビーチロードからアクセスするには、ヒルトンやセントラルを過ぎてしばらくしたらソイ13にフーターズがあります。これを通り過ぎたら降車ボタンを押す準備をしましょう。

フーターズを過ぎて、左側に 「Food Land」という赤い文字の看板が見えたらボタンを押して降車します。

Food Waveは、目の前にある大きいショッピングモール「ロイヤルガーデンプラザ」の4階に入っています。

建物に入ったら、エスカレーターでどんどん上に登っていきます。

一番上の4階まで登ったら、目の前にある大きな店がFood Waveです。

フードウェーブ [Food Wave] に入店しましょう

入り口に店員が立っていて、会計用カードを配っています。

まずはこのカードを受け取ります。

パタヤのFood wave

初めから1000B分のクレジットが入っていて、注文時に引かれていき、帰りに清算するシステムになっています。

カードをなくすと店を出られなくなります(笑)

注文の有無にかかわらずクレジットの最高額1000B分とカード代を請求されるので取り扱いには注意しましょう。

フードウェーブで早速注文しましょう

注文方法は至って簡単。

全てのブースに料理の見本が置かれているので、指差しでも注文可能です!

パタヤのFood Wave

見本がない料理でも写真が載っていたり、簡単な英語でも通じるので心配はいりません。

取り扱いはタイ料理の他に、パスタやピザなどのイタリアン、ポテトやバーガーのアメリカン、アジアン麺類、日本料理、インドカレー、ロシアンなど多岐にわたります。

パタヤのFood WAve パタヤのフードウェーブ パタヤのフードウェーブ

これなら、食の好みが分かれやすいグループ旅行でも安心ですね。

注文時に「からさ」を調整できますので、スパイシーとかノースパイシーとか、お好みの辛さを簡単な英語で伝えましょう。

注文したら、写真のようなレシートを渡されます。

これは頼んだ料理を確認するために必要なので、会計が終わるまで無くさずに持っていましょう。

パタヤのフードウェーブ

今回はインドカレーのバターチキンを注文しました。

195Bとナン60B、ラッシー90Bです。

観光価格なので、料理の金額だけを街中の食堂やフードコートと比較したら、非常に高価です。

しかし、ここはロケーション重視のエアコン付き高級フードコートと考えれば納得の価格です。

飲み物はソフトドリンクもアルコールも各種揃っています。

バーコーナーがあるので、各自そこで注文します。

フルーツシェイクは、入れる具を自分で選べるようになっています。おすすめはマンゴーとバナナ!

ちなみに、料理の味の方は・・・。

タイ料理とインドカレーは美味しかったです。

イタリアンは普通・・。

日本料理は「微妙。。」(笑)海外の店なので、こればかりは仕方ないですね。

最後にお会計を済ませたら外に出れるシステムです。

スポンサーリンク

まとめ

おすすめポイントをおさらいしましょう。

1.海が一望できるロケーションが最高

2.テラス席あり

3.清潔で衛生的

4.エアコンで涼しい

5.場所がわかりやすい

6.メニューの種類が豊富

7.注文が簡単

8.明朗会計

料理の価格は決して安くはありません。ものによっては日本で食べるのとほぼ同額になると思います。また、味はすごく美味しいわけでもありません。

しかし、ここはリゾート地にあるロケーション重視のお店。

目の前に広がる、青いビーチを見下ろしながら食べるランチはまた別格です!

よほどの節約型旅行でない限りは、日本人であるなら全然払える範囲内だと思います。

パタヤに旅行の際は、ぜひ訪れてみてくださいね。

店舗情報

フードウェーブ(Food Wave)

住所  218 Moo 10 Beach Road, Muang Pattaya, Bang Lamung, Chon Buri 20260

電話 038 710 851

日本から +6638 710 851

営業時間

11:00 — 23:00(要確認)

年中無休(要確認)

MavicProで空撮したラン島のヌアンビーチ

バンコクから日帰りで行けるビーチリゾート「ラン島」をオススメする5つの理由

2017-12-23
パタヤ沖に浮かぶリン島

バンコクから近い無人島!パタヤ沖に浮かぶ「リン島」に行こう

2018-01-06

合わせて読みたい記事


パタヤのフードコートFood Wave

この記事が役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)