タイでブラックコーヒーを飲みたくなったら?タイのコーヒー事情と注文するときのポイント

タイで飲むコーヒー

こんにちは!Asia-Jin(あじあ人)です。

皆さんは普段コーヒーを飲みますか?

私は昔からブラック派でして、日本にいる頃仕事の合間によくドトールで一休みしていました。車で移動のときはコンビニでUCCのブラックを買って、座席を倒して一服。。。

それが、タイに来てからはコーヒーをほとんど飲まなくなってしまいました。

なぜでしょう。

今回は、タイでコーヒーにまつわるお話、オーダーするときのポイントをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

タイのコーヒー事情

タイのコーヒー

タイではコーヒー事情が日本とはだいぶ違います。

まず、コーヒーが2種類あるんです。

タイ人の富裕層が好む「世界共通」のコーヒーと、庶民が好む「タイ式」のコーヒーです。

タイ式のコーヒーは「甘い!!」

一言に尽きます。

せっかくのコーヒーにガムシロップをドバドバ入れて、缶入りのコンデンスミルク(練乳?)をドバドバ入れます。

風味もへったくりもありません。

気持ち悪いぐらいに甘くしたコーヒー味の茶色い液体を、皆美味しそうに飲んでいるんです。

タイ人のコーヒーに対する感覚は日本や欧米諸国と全く違うので、喫茶店でオーダーするときはちょっとしたコツが必要になります。

では、どこなら日本のような美味しいコーヒーが提供されて、どのようにして注文したら良いのでしょう。

缶コーヒー

タイで売られているコーヒー

まず、タイで売っている缶コーヒーはほとんど全滅です。

基本的に全部砂糖まみれのコーヒーなので、日本人の皆さんはおそらく吐いてしまうでしょう。。。

たまに、UCCのブラック無糖が売っているコンビニもありますが、ごく稀です。日本から輸入しているので、値段も日本円に直すと170円くらいします。

確実に売っているのは、スワンナプーム空港内のコンビニです。

ホテルのロビー

基本的に大きなホテルのロビーにはカフェバーがあるので、そこで注文できます。ほぼ英語が通じるのと、バンコクやプーケットなどの観光地なら外国人も多く利用しているので、ボーイさんも外国人の好みがわかっています。

英語が苦手な人でも「カフェ ブラック ノーシュガー ノーミルク」だけ言えれば大体わかってくれます。

スターバックス

ここは世界共通で従業員教育されているのと、タイ人の中でもハイソサエティな富裕層が多く来店することから、英語が通じますし、味の管理もきちんとしています。

ただ、タイ人は富裕層でも「ブラック」で飲む習慣がないため、念のため「ノーシュガー」は強調しておいたほうが良いでしょう。えー、スタバでも間違えるの?って思うかもしれませんが、たまにモカ何ちゃらってやつと間違えられます。私は過去に何度か失敗していますよ。

ゴルフ場のレストラン、カフェ

外国人が多いゴルフ場、名門のゴルフ場では英語が通じるところもあります。しかし格の落ちるゴルフ場ではあまり通じない上に、従業員はブラックや微糖の文化を知りません。

そのまま注文したら大体甘いやつが出てきてしまいます。

タイで飲むコーヒー

街のカフェ

店によりピンキリで、豆から挽いている店もあれば、インスタントの店もあります。

豆から挽いている店の場合

観光地のおしゃれな店なら外国人慣れしているので英語が通じると思います。通じる場合は、普通に「カフェブラック ノーシュガー ノーミルク」で大丈夫です。そうでないカフェではタイ語のみのこともあります。

グーグル翻訳などで頑張ってみるのもアリだと思いますが、その場合は大体甘いやつが出てくると思います。

それを指摘すると、従業員は皆不思議そうな顔をします。

なぜ砂糖を入れないのか、なぜクリームを入れないのか理解できないらしいです。

例えるならば、なぜ歯磨きするのに歯磨き粉をつけない!?くらいなのでしょう。

ここは文化の違いなので、丁寧に説明して交換してもらいましょう。

アムパワー水上マーケットでオーダーしたコーヒー
インスタントの店の場合

初めからコーヒーと、砂糖と、クリームの粉末がミックスされているものを使っている場合が多いです。または砂糖入りの甘いコーヒーを作り置きしていることもあります。

こうなったら、どう頑張っても「ブラック」は出てきません。諦めましょう。

スポンサーリンク

オーダーのコツ

タイ語でスラスラとオーダーできれば問題ないんですが、なかなかそうもいきません。

今回は、タイ語でのオーダーの仕方とコツをお教えしますね。

「ガフェー ダム」これでブラックコーヒーという意味になりますが、これだけだとミルクを入れていない甘いブラックが出てきてしまいます。

「マイ トン サイ ナムターン」と付け加えましょう。これは「砂糖を入れないで」という意味になります。

英語が通じない店に入ってしまった場合は、こう言ってみましょう。

しかし、もっと簡単にブラックをオーダーできる方法があります。

実に簡単なのです。

「アメリカーノ」

これで日本同様のブラックが出てきます!

しかし、念のためここで忘れずに「ノーシュガー」または「マイ トン サイ ナムターン」を付け加えましょう。

「マイ トン サイ」はタイ語で「〜を入れないで」という意味になり、その後に続ける単語を変えれば応用できます。唐辛子やパクチー、氷などに置き換えて使ってみましょう!

私がコーヒーを飲まなくなった理由

こんな事情から、ブラックコーヒーをオーダーするのが面倒臭くなってしまいまして、また連日猛暑なのでコーヒーがあまり合わないんですよね。飲んだ後外に出てしばらくするとすぐ喉が渇きますし、なんとも後味が悪いんです。そしていつの間にか「水」に移行してしまいました。

そう、ここタイでは「水」を飲む人の方が圧倒的に多いんです。

コンビニにも多くの種類の水が売られていて、キンと冷えた水がとても美味しく感じられるんです。

なので、私は数年前からだんだんコーヒー離れしてしまい、今では飲むとしたら友人との待ち合わせの時や、ゴルフ場での朝食時くらいですね。

ーーーーー

タイでのコーヒー文化はまだあまり浸透しておらず、スターバックスなどの外資系カフェは高級品のため、タイ人にとってあまり一般的ではありません。

また、タイには庶民向け、タイ式の甘いコーヒーが存在し、喫茶店の従業員は大体それの味を思い浮かべてオーダーを取ります。

そんなタイでのコーヒー事情を、あらかじめ知ることによってスムーズにオーダーでき、作り直しで無駄な時間を使わずに済みます。

普段コーヒーを飲まれる方は、頭の片隅にでも入れておいてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事


タイで飲むコーヒー

この記事が役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

タイの魅力にすっかりハマり、気づいた時にはもうバンコクに移住してしまいました。
そして友人の紹介で、タイ人女性と結婚。
趣味はドライブ、食べ歩き、旅行、カメラ
現地・バンコクより、タイ旅行や移住のお役立ち情報を発信中!