ウドンタニーの有名店「VT Namnueng」はベトナム式ネームヌアンが絶品!

ネームヌアンの専門店「VT Namnueng」

こんにちは!Asia-Jin(あじあ人)です。

ネームヌアンという料理を食べたことはありますか?

豚肉(ひき肉)の練り物を串に巻いて焼いたものを、ハーブや野菜と一緒に食べる料理で、元もとはベトナムで食べられていたものでした。

これがベトナムと国境を接するラオスにも伝わり、ベトナム商人や移民と共にタイ東北部のイサーン地方にも伝わったとされています。

タイ東北部のウドンタニーには多くのベトナム系移民が住んでいて、その人たちに古くから親しまれている「VT Namnueng」というお店があります。ここはベトナム系の住民なら、知らない人はいないと言われるほど有名なお店です。

今回はその「VT Namnueng」の名物であるネームヌアンを実際に食べて来たお話です。

スポンサーリンク

ウドンタニーの「VT Namnueng」はネームヌアンの専門店

タイのイサーン地方・特にウドンタニーには、古くから「ベトナム系移民」が多く住んでいます。そして彼らはベトナムの食文化を持ち込みました。

長い時間をかけて融合した結果、今ではイサーン地方に住む多くの庶民に親しまれているのです。

その中の一つが「ネームヌアン」

ネームヌアンの専門店「VT Namnuaeng」

これは、豚肉(ひき肉)をすり身状にして焼いた「ちくわ」のようなものを、ハーブや野菜類と一緒にライスペーパー(生春巻きの皮)で包んで食べるものです。

その「ネームヌアン」に特化した専門店が、ウドンタニー市内にあると聞いたので実際に行ってきました!

ネームヌアンの専門店「VT Namnueng」

ここですね。

かなり大きな佇まい。さすが有名店というだけありますね。

店内も広々としています。

私が今回訪れた時間は、平日の夕方4時を回ったころ。食事時は外れているのに、店内では数組のお客さんが食事を楽しんでいました。

ネームヌアンの専門店「VT Namnueng」

写真のようにかなり広いお店です。

スポンサーリンク

さっそくネームヌアンを注文しましょう!

では、このお店名物であるネームヌアンを試してみましょう。

まずはメニューをチェック。

ネームヌアンの専門店「VT Namnueng」

メニューは写真付きの大きいパネル一枚です。

右下に書いてありますね。「Nam Nueng」ネームヌアンです。

「ちくわ」(笑)の数によって金額が変わります。

今回私が頼んだのは5本、180Bのスモールサイズ。

これに野菜とハーブのセット、ライスペーパー、米麺(カノムジーン)が付いて来ます。

ネームヌアンの専門店「VT Namnueng」

豚足入りのベトナム式ソーセージですね。

イサーンソーセージの「ムーヨー」とはまた少し違うようです。

なんか美味しそうだったのでオーダー。

ネームヌアンの専門店「VT Namnueng」

私も嫁さんも初めてでよく分からなかったので、写真を見ながら適当にオーダーしました(笑)

結局のところ店員さんに料理の説明を聞いても、よく分からないじゃないですか。。

写真と英語の説明を見たらだいたい何となくわかりますよね?(大ざっぱ・・)

ネームヌアンの専門店「VT Namnueng」

お値段は有名レストランにしてはリーズナブルですね。

だいたいが100B以内(約350円)、名物ネームヌアンも180B〜なのでそこまで高くはありません。

もっと安い店を知っていますが、私は「値段」だけでは判断しない人なので・・。

たまに人に間違えられますが、私は「コスト」重視なのではなく「コスパ」重視なのです。

さあ、注文は終わりました。

早く食べたいのですが、ひとまずは大人しく料理を待ちましょう・・・!

スポンサーリンク

ウドンタニー「VT Namnueng」で絶品ネームヌアンを食す

注文してから約10分。

続々と料理が到着しました!

ネームヌアンの専門店「VT Namnueng」

「バンベオ」という料理らしいですが、タイ料理ではないので嫁さんもよく分からず・・。

上に乗っている綿のようなのは、豚を裂いたもの。タイではお粥に入れて食べたりしますね。「ムーヨン」と呼ぶらしいです。

そして、豚皮をカリッと揚げたもの「キャッムー」

これらを下に敷いてあるライスペーパーと一緒に食べます。

付属のタレは結構スパイシー。

「・・・」

「・・・・・うまいぞ!」

噛んでいると豚皮の香ばしさが感じられ、けっこう美味しいです。

飲む人はツマミにちょうど良いかも。

ネームヌアンの専門店「VT Namnueng」

豚足のベトナム式ソーセージ。

黒いのは「きくらげ」ですね。

これは味がついていて、何もつけずに食べても美味しい!

私は今まで何度もベトナム料理を食べていますが、ハズレだったことは一度も無いんですよよね。

ネームヌアンの専門店「VT Namnueng」

豚肉を米麺と野菜と一緒に食べるやつ。

これは、まあまあですね。

悪くは無い。

ただ、他に頼んだものが美味しすぎて、これはちょっと印象が薄い感じ。

(笑)

ネームヌアンの専門店「VT Namnueng」

ついに登場。

この店の名物「ネームヌアン」です。

ネームヌアンの専門店「VT Namnueng」

このハーブに注意。

ベトナム料理でよく使われるハーブで、ドクダミの味がします!

薬草系の味が苦手な人は絶対やめたほうが良い。

けど、ネームヌアンと一緒に食べると不思議。毒々しいハーブの味がうまく溶け込んでしまいまして、逆にこれが無いと全体の味がしまらない!

私はハーブ系が大好きでして。

ベトナム料理店に行く楽しみの一つがこれです(笑)よく変わりもんだとか、女子みたいとか言われますが・・。

ネームヌアンの専門店「VT Namnueng」

こうやってレタスの上に「ちくわ」を小さく切って乗せ、米麺(カノムジーン)と薬味を一緒に食べるんです。

薬味セットは、酸っぱいマンゴー、きゅうり、唐辛子、にんにくなどが一緒に提供されます。

火を噴くくらい辛いので、唐辛子は小さく切って入れましょう!

ポイントは「にんにく」を忘れずに入れること。味がキュッとしまっていい感じになります。

ネームヌアンの専門店「VT Namnueng」

最後に「タレ」をかけて食べます。

このタレは甘口のものなので、つけすぎ注意です。

少量だけちょっとかける程度でOK。

ライスペーパーで巻いて、手づかみ一口で食べましょう!

「・・・・・」

「・・・・」

「これはうまい!」

野菜のみずみずしさとハーブ。そしてちくわの肉っぽい味がうまく融合されています。

にんにくのパリッとした風味が後から効いてきて、クセになる!

私は包むのが下手なので、その作業は嫁さんに任せっぱなし(笑)

「おみやげ」のドライブスルーは長蛇の列

帰りに駐車場に向かうとき目についたのが、クルマの窓を開けてお金を払う人たち。

どうやら「お土産」を販売していて、ドライブスルーのシステムになっているようです。

人気店ということもあり、「ネームヌアン」の持ち帰りギフトセットを販売しているんですね。

ウドンタニー「DOSE FACTORY」の行き方・アクセス・場所

ドライブスルーには10台ほどのクルマが並び、皆自分の番を待っていました。

ベトナム移民の間では、日本でいう訪問の時のご挨拶「菓子折り」的な存在なのでしょうか。

ウドンタニー「DOSE FACTORY」の行き方・アクセス・場所

せっせとネームヌアンを作る社員。

一人で一生懸命作っていますね。

チップは必要?

このお店は、お会計にサービス料を加算していません。

そのため、お釣りの中から20B札とコインくらいは残して帰ると良いでしょう。

ウドンタニー「VT Namnueng」の行き方・アクセス・場所

アクセスはクルマなどの足がないと不便です。

わかりやすく、国鉄ウドンタニー駅からのマップを載せておきました。

一般的には「トゥクトゥク」を交渉してアクセスすることになると思います。片道約120〜150B程度が相場です。

また、ウドンタニーは配車アプリ「GRAB」の対象エリアとなっています。

Wi-Fiや現地のSIMなどの通信手段がある人は、アプリをダウンロードして、ウドンタニーに到着したらGRABを利用するのが最も便利で安く、安心できる交通手段となります。

まとめ

ウドンタニーでベトナム料理・ネームヌアンを食べるならこの店!

野菜やハーブと一緒に食べるからヘルシー!

旅の途中、連日のイサーン料理やタイ料理に飽きたら、ぜひ立ち寄って試してみてください。

ウドンタニーでおしゃれなカフェをお探しならこの店↓↓

ウドンタニーにオープンしたおしゃれなカフェ「DOSE」

タイ東北部ウドンタニーのおしゃれカフェレストラン「DOSE FACTORY」で美味しいデザート

2018-06-29

ウドンタニーの隠れ家カフェならこのお店↓↓

ウドンタニーのおしゃれ隠れ家カフェ「Wolf's Den」

ウドンタニーのおすすめ隠れ家カフェ「Wolf’s Den」の本格カルボナーラ

2018-07-01

店舗情報

「VT Namnueng」

住所タイ語 345/1-3ถ.โพศรี(หลังวัดโพธิสมภรณ์), ตำบลหมากแข้ง อ.เมือง จ.อุดรธานี,41000

住所英語     345/1 Tambon Ban Lueam, Amphoe Mueang Udon Thani, Udon Thani 41000

電話  042 219 556

日本から +66 42 219 556

営業時間

06:00〜20:30

年中無休(要確認)

合わせて読みたい記事


ネームヌアンの専門店「VT Namnueng」

この記事が役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

タイの魅力にすっかりハマり、気づいた時にはもうバンコクに移住してしまいました。
そして友人の紹介で、タイ人女性と結婚。
趣味はドライブ、食べ歩き、旅行、カメラ
現地・バンコクより、タイ旅行や移住のお役立ち情報を発信中!