チェンマイ・ターペー門へ徒歩10秒!「イムホテル」は観光の拠点に最適!

チェンマイのホテル

北タイにある古都チェンマイは、レンガで囲まれた「ターペー門」付近が観光や町歩きの拠点になります。

今回私たちがチェンマイに滞在するにあたり、立地の良いターペー門近くに良いホテルがないか、いつも通りアゴダで検索していると・・

条件に合いそうなホテルが何軒かヒットしました!

その中の1つimm hotel(イムホテル)に実際に宿泊してみたところ、場所的に非常に便利な上、値段の割にオススメできると感じたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

チェンマイ「イムホテル」をオススメする3つの理由

1.立地が最高に良い

チェンマイのイムホテルはターペー門のすぐ近く

チェンマイの観光は、寺院など見所いっぱいの旧市街や、ナイトマーケットなどがメインになると思いますが、そのどちらからも徒歩での利便性が高いのが「ターペー門」というエリアになります。

そして、今回ご紹介するイムホテルは、ターペー門からなんと徒歩10秒という好立地!

ホテルの1階にはマクドナルド、付近にはスタバ、ドラッグストアなどがあり、タイ料理が合わなかった人にも安心ですね。

目の前にあるお堀の外周道路は、トゥクトゥクやソンテウが数えきれないほど走っているので、どこか行きたい時にすぐに乗車できますし、場所がわかりやすいので配車アプリ「GRAB」を呼ぶときも楽になります。

2.価格はエコノミーホテルでも中はきれい

チェンマイ・ターペー門付近の「イムホテル」

チェンマイには、安いところでは2000円程度のゲストハウスから、1万円を越える高級ホテルまで数多くあります。

しかし、立地と安さを優先すると、どうしても「古い」「あまり綺麗ではない」という物件が多くなってきます。

その中で、今回ご紹介するイムホテルは、価格としてはだいたい3000円〜のエコノミーホテルになりますが、ホテル自体は一等地にありながらそんな値段と思えないくらいの綺麗さ!

全館リフォーム済みなので、近代的な使いやすい内装になっていますし、丁寧に清掃されているので清潔です。

広さは、一番小さなタイプの部屋で22㎡くらいになります。

3.駐車場がある

チェンマイの中心地に近い格安ホテルは、駐車場がついていないところも多くあります。

北タイには、辺鄙なエリアにこそ魅力が詰まっているので「レンタカー」を借りる人もいるかと思いますが、もし駐車場がないホテルにしてしまうと大変なことになります。

このイムホテルには敷地内に駐車場が完備されていて、警備員が常駐しているので、車がある人でも安心して宿泊できます。

それでは、実際に宿泊した感想も添えてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ターペー門の目の前にある「イムホテル」

今回私たちは、バンコクから車でチェンマイ入りしました。

お堀の外周道路外回りをそのまま走り、ターペー門の前に差し掛かり、左手には「マクドナルド」の赤い看板が・・・

ターペー門前にある「イムホテル」

もうターペー門から目と鼻の先ですね!

門をくぐった先、お堀の内側にある旧市街は、北タイ様式の寺院など見どころが数多くあるので、徒歩での散策拠点にぴったりです。

ここで場所をおさらいしておきましょう。

ホテルがあるのは、ターペー門のすぐ近く。

観光客が溢れる賑やかなナイトマーケットからだと、徒歩で15分くらいになります。

チェンマイのターペー門

ターペー門は、これ自体が遺跡になっていて、多くの観光客が写真を撮る定番スポットになっています。

余談ですが、写真を撮るなら人が少ない早朝がオススメ!

ターペー門近くのスタバ

ホテルから至近距離にはスタバをはじめとするカフェ、ドラッグストアがあります。

敷地の1階はマクドナルドが入っているので、タイ料理がどうしても合わなかった人には重宝するでしょう。

チェンマイ・イムホテル

ホテルは3階建て、1階の中央に朝食会場があり、それを両サイドから挟むように客室が並んでいます。

ちょっと残念なことに「エレベーター」がありません。なので、あまりにも重い荷物がある人は大変かもしれません。

それでは室内に入りましょう!

チェンマイ「イムホテル」の室内

今回私たちが泊まった部屋は、1階にある「デラックス」ルーム。

広さは29㎡と書いてありました。

チェンマイ「イムホテル」

セミダブルベッドが2台並んでいて、その脇にはチェアとミニテーブルがあります。

またそれとは別に、小さいながら鏡台と兼用の作業机もありました。

チェンマイ「イムホテル」 チェンマイ「イムホテル」

奥には、トイレ・シャワーとは別になっている洗面所があり、使い勝手は良好。

シャワーのお湯は電気給湯器。熱いお湯も問題なくしっかり出ました

水回りを含めて清潔な印象です。

このホテルは、デラックスルームの他に「スーペリア」ルームがあり、そちらは22㎡。今回泊まったデラックスよりは狭くなりますが、どちらも観光拠点として考え「寝るだけ」であれば十分かと思います。

逆にホテルに「部屋の広さ」や「部屋での居心地」など、ワンランク上の快適性を求めるのであればオススメしません。

難点は、先ほども述べたように「エレベーターがない」こと。

そして朝食会場と部屋のドア1枚ごしなため、朝6時過ぎからガヤガヤと騒がしくなります。(朝食ブッフェの内容もちょっと貧弱ですが・・・安いので文句はありません。)

なので、荷物が少なく、朝から観光に出かけてしまうなど、この2つが気にならない人であれば利用価値は高いでしょう。

タイミングや時期・曜日によって金額が変わるので、最安値をチェックしながら旅のプランを立てるのがお得です。このリンクからホテルの他の写真も見ることができます。

スポンサーリンク

まとめ

チェンマイ観光の拠点に最適な「ターペー門」から至近距離にあるエコノミーホテル「イムホテル」。

部屋でゆっくり過ごすには向きませんが「朝から観光や町歩きで外出し、夜は寝るだけなので、なるべく安く、でも古いホテルはいやだ!」という、私みたいな考えの人にはぴったりだと思います。

チェンマイのホテル探しの参考になれば幸いです。

合わせて読みたい記事


チェンマイのホテル

この記事が役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)