移動に便利なバンコク地下鉄MRT 時間短縮の小ワザ

バンコク地下鉄MRTのホーム

こんにちは!Asia-Jin(あじあ人)です。

バンコクの旅行で絶対の避けて通れないのが「移動」ですね。

タクシーを使うにも、街は朝から大渋滞。やっと拾えたタクシーは乗車拒否。。さらにボラれた、遠回りされたなど不安が付きまといます。

そこでバンコクの移動で重宝するのが、地下鉄のMRTと高架電車のBTS。

渋滞知らずで、エアコンも効いていて、清潔な車両と見事に3拍子揃っていて実に快適です。さらに市内の主要エリアはほぼカバーされているので、利便性も抜群!

今回は、その地下鉄MRTの乗車をさらに簡単に、快適にする小技があるのでご紹介します。

スポンサーリンク

GOLOBAL WiFi

地下鉄MRT

経由地と接続駅

2017年11月現在、バンコクの地下鉄は1路線が運行されています。

中華街や王宮エリアの玄関口、ホアランポーン駅から、日本人街のシーロム、旅の拠点に最適なスクンビット、空港線接続のペチャブリー、庶民の町ホイクワン、ウィークエンドマーケットのチャトゥチャック(カンペーンペッ駅)、終点のタオプーン駅まで町をほぼ南北に貫いています。

始発のホアランポーン駅では、長距離列車のタイ国鉄線。途中シーロム駅では、BTS電車シーロム線のサラデーン駅。スクンビット駅ではBTS電車スクンビット線のアソーク駅。ペチャブリー駅では、空港線のマッカサン駅、バンスー駅ではタイ国鉄線、終点のタオプーン駅では、郊外へ続くパープルラインと接続。

バンコク北部にあるウィークエンドマーケットに行くのにもよく使われる路線ですね。

MRT唯一の難点とは

しかし、そんな便利な地下鉄にも一つだけ難点があります。

みなさん、何だと思います?

 

それは。。。。

バンコクの地下鉄MRTの券売機に並ぶ人たち

利用客急増で、券売機に長蛇の列

これです。

写真のように、券売機が長蛇の列になり、切符(MRTの場合は乗車用コイン)を買うのに15分以上待ちます!

利用客が最近になって急増したため、ハードもソフトも追いついていない状況です。

これは高架電車BTSにしても同様のことが言えます。

混雑の要因

こんなになってしまった理由は幾つか考えられます。

最近、新路線のパープルラインを既存の路線に接続させるため、地下鉄がタオプーン駅まで延伸開業しました。それにより今まではタクシーかバスを利用していたバンコク郊外に住む人達が、中心地に来るための交通手段を地下鉄に切り替えた点が一つ。

そして、今までは地下鉄の運賃って、バンコク庶民にとっては結構高級な乗り物だったんですよ。ちょっと乗って往復したら彼らの日給の3分の1くらい飛んでしまいますからね。一般的な日本人で例えると、ちょっとそこまで買い物に出かけたら、4000円くらい電車賃で飛んじゃう感覚ですよ。

それが最近の好景気と中間所得層の急増で、これまでエアコンなし、炎天下の渋滞、排気ガス浴びまくりの無料バス(ある意味修行みたいなものです)を使っていた人たちが、涼しくて清潔な地下鉄に乗り換え始めたわけです。

その人たちは、まだ電車の乗り方に慣れていないため、順番が来たらすぐ買えるようにお金を準備していない。まずは財布をカバンから探すところから始まります。そして生まれて初めて「券売機」を使う人が多くて、買い方はおろか、お金を入れる場所すら分からないわけですよ。そしてさらに券売機の性能がこれまた悪くて、入れたお金が認識されず戻ってきたり、そうこうしているうちに時間切れになって、最初からやり直し。

これが券売機が混雑することに対する私の見解です。

大行列を全員飛ばせる、小ワザ

とは言っても、列に割り込みするわけではありません。

嘘をついて、順番を抜かさせてもらうこともしません。

そんな不道徳なこと、マナーの国・日本から来た日本人が紹介するわけないじゃないですか。

ちゃんと正規の小ワザがあるんです。

 

バンコク地下鉄MRTで使えるプリペイドカード

スマートカード

ドラえ□んの道具のように出てきたのがこちら!

地下鉄専用のプリペイドカード。いわゆるJRのスイカのような電子マネーですね。

これがあれば、券売機のプロセスをすっ飛ばせるので、すぐホームに降りられます

なんだ、こんな簡単なこと。。って思うかもしれませんが、意外と知らない人も多くて、イライラしながら並んでいる日本人旅行者の方をよく見かけます。

それを見かけるたびに、何人にも教えてあげましたが、皆すごい喜んでくれますよ。また、カードがあるのは知っていたけど、買い方が分からない方、ここまで混んでいると思わなかった人などですね。

注意点は、このカードは「地下鉄MRT専用」です。BTSに乗るためには別のカードを買う必要がある点。ご注意下さい!

では、カードの買い方について説明しましょう。

地下鉄カードの買い方

券売機とは違う有人の「窓口」があります。

そこに並んで、順番が来たら一言。

「プリペイドカード プリーズ」

以上。

地下鉄の職員は、そのくらいの英語は通じますのでこれでOK。

万が一分からなければ、上に掲載した写真を見せれば大丈夫ですね。

何種類かあり、大人用が青、それ以外は子供用とタイ人シニア用の3種類があるようです。

もし子供連れで旅行の場合は、窓口で大人の人数と子供の人数を伝えればやってくれます。

大人の場合、販売額は180B。うち50B分はデポジット(保証金)カード返却時に返してくれるようです。そして手数料30Bが償却されて、残りの100B分がプリペイド運賃に適用されます。

有効期限は最終利用日から2年とのことでした。

改札を出るときに、残額が表示されますので、残り少なくなったらチャージ(トップアップ)しましょう。同じく窓口で対応です。一言「トップアップ プリーズ」で100Bか200B渡せばやってくれます。金額は、滞在中使いそうな分を計算してみましょう。

コツは、朝や夕方の時間帯にチャージしなくても良いように残額を管理することです。この時間帯は窓口も長蛇の列になることが多いので、空いてる時間帯または利用者が少ないマイナーな駅でチャージするのをお勧めします。

シーロム、スクンビットの両駅は一番混雑が激しいので気をつけてください。

今後タイに来る機会がある人は、払い戻しせずに持ち帰っても良いと思いますし、デポジットもたった50B(約170円)程度なので、払い戻しが面倒であれば記念に持ち帰っちゃいましょう。

 

効率的に観光するためには、少しでも時間のロスを防ぎたいものですよね。便利な地下鉄がさらに便利になる乗車カード、ぜひ入手してみてください。

合わせて読みたい記事


バンコク地下鉄MRTのホーム

この記事が役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)