ホアヒンの海が見渡せる「Hin Lek Fai」展望台は猿がいっぱい!

ホアヒンの丘「Hin Lek Fai」

ホアヒンは東側は海、西側は山に囲まれたリゾート地。

そのため、タイの中でも比較的涼しく、バンコクから距離も近いこともあり、昔から避暑地として賑わっています。

そのホアヒンの海を一望できるのが、ホアヒン駅の裏手にある山「Hin Lek Fai」です。

今回の記事では

ホアヒン「Hin Lek Fai(ヒンレックファイ)ってどんなところ?

「Hin Lek Fai」の場所は?

「Hin Lek Fai」に行く注意点は?

といった内容についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

ホアヒンの裏山「Hin Lek Fai」は猿の山

ホアヒン周辺には数多くの丘や山がありまして、そのどれもが「猿」の生息地となっています。

その中でも、南側に位置する「カオタキアップ」と、この「Hin Lek Fai」は特に多く、そこら中にうようよいるのです。

ホアヒンの丘「Hin Lek Fai」

山に向かう道は舗装されていて、約2キロほど歩いて登ることになります。(車でも展望台まで直接行けます。しんどい人は、車をチャーターして登ると良いでしょう。)

その途中にはすでに「おサルさん」の姿が!

観光客から取ったのでしょうか、猿が白い帽子でサッカーしております。

ホアヒンの丘「Hin Lek Fai」

こちらは、バナナのような物をほうばるおサルさん。

嫁さんに「あなたの友達がいるよ?」と言ったら、0.2秒で引っ叩かれました。

ここでは、このようにたくさんの猿が生息しています。

では、この「Hin Lek Fai」はホアヒンのどこにあるのでしょうか?

ホアヒン「Hin Lek Fai」への行き方・場所

タイ国鉄のホアヒン駅から山道を徒歩で1時間弱、車で10分ほどの距離にあります。

山道と言っても、登山道ではなく普通に車が通れる道なので、体力さえあれば徒歩で行くことが可能です。

しかし帰りのことを考えると、初めから車をチャーターするのが良いでしょう。ここだけ行くのにチャーターしたら勿体無いので、他の観光スポットと合わせて、半日〜1日チャーターするのがおすすめです。

自動二輪の国際免許証がある人は、バイクをレンタルするのも良いと思います。しかし、猿にバイクのシートを破られる事件が多発していますので、要注意です!

ホアヒン駅についてはこちらをご覧ください!

タイで一番美しい駅舎「ホアヒン駅」

フォトジェニックな駅舎・タイ国鉄「ホアヒン駅」は人気の撮影スポット

2018-11-08

スポンサーリンク

ビューポイントからは海が見渡せる!

「Hin Lek Fai」の駐車場に到着したら、奥にあるゲートをくぐります。入場は無料です。

駐車場には売店があるので、飲み物が欲しい人はここで購入してから入場しましょう。

ホアヒンの丘「Hin Lek Fai」

ゲートの中に入ると、そこから先は遊歩道が続きます。

スニーカーなど、歩きやすい靴で来ることをお勧めします!

ホアヒンの丘「Hin Lek Fai」

石畳の道を10分ほど奥に進むと・・・

ホアヒンの丘「Hin Lek Fai」

展望台が姿を現します!

海側にある展望代からは、ホアヒンの街と青い海が広がるビュースポット。

ホアヒンの丘「Hin Lek Fai」

望遠レンズで切り取ってみると・・。

遠くにはカオタキアップの山がはっきりと見えます!

せっかくなので、同じスポットからドローンで空撮してみましょう。

ホアヒンの丘「Hin Lek Fai」

今度は「チャアム・ビーチ、バンコク方面」

ホアヒンの丘「Hin Lek Fai」

最後は山側!

ホアヒンの丘「Hin Lek Fai」

このように山に囲まれているのがホアヒン。

山の奥には湖があり、50キロ向こうはミャンマーの領土に続きます。

ちなみにビューポイントは全部で6箇所あり、1時間前後あれば徒歩で回ることができます。

スポンサーリンク

「Hin Lek Fai」に行く時の注意点

1.歩きやすい靴、服装で!

駐車場から先は遊歩道があるので、スニーカーを履いて来るのがベスト。間違ってもハイヒールなどで来てはいけません。

石も結構あるので、ビーサンだと歩くのがちょっと大変です。

2.猿にかまうな!

猿が多いので、小さいバッグやスマホ・小型カメラなどは奪われてしまうことがあります。また餌をあげようとしたら、猿の大群が来て襲われることもあるので注意!

小さな子供づれの場合は特に注意しましょう。

ホアヒンの丘「Hin Lek Fai」

こうしている間にも、1匹の猿が近づいて来ました。。。

3.バイクの人はシートに注意!

同じく猿の犯行ですが、バイクのシートを噛みちぎられるという事件が発生しています。なので、レンタルバイクで訪れる際は、シートに何か巻くなどの対応をした方が良いと思います。

もし破られてしまったら、保険が効かないので実費で弁償する事になります。シート自体の交換料は、車種にもよりますが1000B程度で済みますが、休業補償を請求されることがあり、こちらは言い値になるので高額です。

まとめ

ホアヒン駅の裏手にある「Hin Lek Fai」は、ホアヒンの海が一望できるビュースポットです。

展望台に続く道は、木漏れ日が差し込む遊歩道になっているので、ゆっくり歩くだけでリラックスできます!

ハイキングがてら駅から徒歩で行くのもよし、車で一気に駐車場までアクセスするもよし。

ホアヒンに訪れる際は、観光スケジュールの間に組み込んでみてはいかがでしょうか?

ホアヒンの街についてはこちらをご覧ください。

タイのホアヒンビーチ

タイ王室ゆかりのビーチリゾート「ホアヒン」でゆっくり過ごす休日

2018-10-26

ホアヒンの夜はナイトマーケットに行こう!

ホアヒンのナイトマーケット(夜市)

ホアヒンの夜はナイトマーケットを散策しよう!夜市は歩くだけでも楽しい!

2018-10-27

子供づれならウォーターパークで遊ぼう!中心地から無料送迎あり

ホアヒン・ブラックマウンテン・ウォーターパークで遊ぼう

ホアヒン「ブラックマウンテン・ウォーターパーク」は子供が喜ぶインターナショナルな遊び場

2018-11-04

 

合わせて読みたい記事


ホアヒンの丘「Hin Lek Fai」

この記事が役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)